© All right reserved TOSHIRO INABA

November 5, 2019

富士山近くの日月倶楽部で、辻雄貴(華道家)さん、大倉源次郎先生(能楽 囃子方 大倉流小鼓方十六世宗家)との対話の時間。とても豊かな時間だった。

■2019/11/3(14:00-16:00)辻雄貴(華道家)『自然素材の採取からはじめる生け花』, (16:30-18:00)辻雄貴x稲葉俊郎対談『心の養生と自然、芸術、文化』@日月倶楽部(静岡県富士宮市猪之頭2271)
■2019/11/4(9:00-10:30):大倉源次郎(能楽 囃子方 大倉流小鼓方十六世宗家)x稲葉俊郎対談『能のスピリチュアリティーと心の処方箋』@日月倶楽部(静岡県富...

November 4, 2019

ふらっと寄った富士花鳥園。


〒418-0101静岡県富士宮市根原480-1
http://kamoltd.co.jp/fuji/

すごい数のふくろう、みみずく。
ふくろうにも個性と多様性があるなぁ、と改めて。

ふくろうは智慧の象徴。特に、夜の智慧。僕らの文明が光の昼の文明だとすると、闇の中にある知恵をもっている存在。じっと見つめていると、その感じはよくわかる。
村上春樹さんの作品にも、ふくろうは時々出てくる。
白雪姫でも、一番先に来たのがふくろう。次がカラス、最後が鳩の順番だった。 

 

========================
「...

October 18, 2019

もう1か月前なので再度アナウンス。
11/3-4の連休はぜひ富士山の麓で抱かれませんか?!

医師である山本竜隆先生がされている未来の医療の形。
富士山が目の前にそびえる4万坪の自然!
未来の医療をすでに実践されている素晴らしい場。

ダイヤモンド富士山をここで見て、感動だったなぁ。

初日は華道家の辻雄貴さん、二日目は大倉源次郎さん!(能楽 囃子方 大倉流小鼓方十六世宗家)との対談もあるスペシャルイベント。

都会の喧騒を離れて、広大な自然の中で「おのずから」の力の中で、共にみんなで時間を過ごしたいと思います。
芸術や芸能の力、いのちの力を共に。

...

September 30, 2019

軽井沢は自然と人工的な暮らしとが調和した稀有で貴重な街だ。

体が喜ぶのを感じた。

軽井沢の旧三笠ホテルを見学。

何かがまだここに息づいているような臨在感にちょっと驚いてしまった。

誰も見てなかったけど、配電盤がアートだ。


軽井沢の旧三笠ホテル近くの自然は、車がこれだけ交通しているにもかかわらず、格別に美しかったなぁ。

星野リゾートの「軽井沢星野エリア」

宿泊者だけ限定にしてもいいような空間を一般に公開していて、しかも素晴らしく居心地がいい。
開かれた場と閉じた場とのバランス。

自分の体が何に心地いいと感じているのか、体そのものに聞いてみながら歩...

September 29, 2019

夏から秋への変化。


植物は自然と同期している。動物は植物にワンテンポ遅れる。

季節の移り変わりは植物を通過するように、季節の変化を植物の変化で如実に感じる。

天を見る。
自然をこういう美しい雲の形は、常に再現不能だろうなあ。

地を見る。
紅葉の葉っぱ、どれだけ見ていて飽きないなぁ。
色の世界そのものに無限の奥行きを感じる。

植物を燃やした灰を間近で見ていると、絵具の「灰色」っていうのは、白のあらゆるグラデーションと、黒ののあらゆるグラデーションとの総和を平均化させて作られた虚像なのかなぁ、と。

植物と植物の絶妙な距離感、その複雑な相互関係での...

September 25, 2019

熊本と東京の行き来では、必ず飛行機に乗ることになる。
陸から空へ、空から陸へ。

いまだに、飛行機に乗るたびにたまげる。
現実に空を飛んでいるというとんでもない事実に。

そして、地球と宇宙のあわいの世界を見るたびに、常に驚く。
昼間に飛行機に乗り、窓際に乗れると、本当に最高だ。
雲の造形は、地上から見ていても、天空から見ていても、飽きたことがない。

空から、地球と宇宙とがせめぎあう造形美を見て、

地上では、地球と人間とがせめぎあう造形美を見ていると、

自分はどちらの側にも結局いるのだなぁ、と痛感する。

September 23, 2019

実家熊本に帰ったついでに、自分の小学校にも寄ってみた。
花園小学校。花の園。いい名前だなぁ。


あんなにも大きく感じた校庭が、こんなにも小さいとは、、、と、こういう感じ方の違いは、本当に面白い。


当時の色々ないろんな思い出が蘇った。こういう心の地層の上に、自分は立っているんだなぁ、と。心の不可思議さにも染み入った。

September 16, 2019

秋谷の草舟 on Earthにて。植物の力に守られながら。
宮古馬のこと、馬やいきものとの共生のことを分かち合う。


これは草舟 on Earthを主催しつつ、一般社団法人EARTH BOOK代表の矢谷さんの文。
----------------------
2019年4月。
代表矢谷がこの二年間関わってきた宮古馬の問題解決をさらに加速し、そして動植物と人との在るべき関係性と、新しい共生のすがたを探り、すでに動植物がやっている“この星のための仕事”に人も連なりたい、生き物と人とのほんとうの共存はどこにあるのか、そこを具体的な動きの中か...

September 9, 2019

秋田の二日目。

「かみこあにプロジェクト」という芸術祭を見に行く。ちょうど最終日だった。今回で8年目になるイベント。
(かみこあに=上小阿仁村、という名前、不思議な響きだけど、アイヌ語なのかなぁ?)

かみこあにプロジェクトとは
「かみこあにプロジェクト」は、秋田県北部に位置する上小阿仁村が取り組む、里山の魅力を発信するプロジェクトです。

現代アート・音楽・伝統芸能の3つの部門を軸にして、現代のアーティストたちによる表現が、上小阿仁村の人や風土、伝統と重なり、様々な風景を作り出します。2012年からはじまる「KAMIKOANIプロジェクト...

September 9, 2019


アーツセンターあきた、の方々にお呼びいただき、講演をさせてもらった。

秋田に行くのは初めてだった。

アーツセンターあきたは、秋田公立美術大学が設立したNPO法人で、大学と地域の社会連携を担ってきた社会貢献センターが、2018年4月にNPO法人アーツセンターあきたとして生まれ変わり、アートとデザインを用いた新たなプロジェクトに取り組んでいるところです。

秋田市委託 文化創造交流館(仮称)プレ事業の一つ「未来の生活を考えるスクール」として、光栄にもお呼びいただいたのでした。

■2019/9/7(Sat):秋田市文化創造交流館 プレイベント 出...

Please reload

blog