稲葉 俊郎

1979年熊本生まれ。医師、医学博士。

​​1997年熊本県立熊本高校卒業。

2004年東京大学医学部医学科卒業。

2014年東京大学医学系研究科内科学大学院博士課程卒業(医学博士)。

2014年-2020年3月 東京大学医学部付属病院循環器内科助教
2020年4月 軽井沢病院総合診療科医長、信州大学社会基盤研究所特任准教授、東京大学先端科学技術研究センター客員研究員、東北芸術工科大学客員教授(山形ビエンナーレ2020 芸術監督)

東大病院時代には心臓を内科的に治療するカテーテル治療や先天性心疾患を専門とし、往診による在宅医療も週に一度行いながら、夏には山岳医療にも従事。

医療の多様性と調和への土壌づくりのため、西洋医学だけではなく伝統医療、補完代替医療、民間医療も広く修める。国宝『医心方』(平安時代に編集された日本最古の医学書)の勉強会も主宰。未来の医療と社会の創発のため、伝統芸能、芸術、民俗学、農業・・など、あらゆる分野との接点を探る対話を積極的に行っている。

2020年4月から軽井沢へと拠点を移し、軽井沢病院(総合診療科医長)に勤務しながら、信州大学社会基盤研究所特任准教授、東京大学先端科学技術研究センター客員研究員を兼任。東北芸術工科大学客員教授(山形ビエンナーレ2020 芸術監督 就任)を併任。

全体生を取り戻す新しい社会の一環としての医療のあり方を模索している。

尊敬する人物は岡本太郎、横尾忠則、手塚治虫、河合隼雄、井筒俊彦、村上春樹、寺田寅彦、武満徹、葛飾北斎、南方熊楠、三宅一生、Leonardo da Vinci、Richard Buckminster Fuller、John Lennon、老子、荘子、ブッダ、美輪明宏、アントニオ猪木、など多数。

blog 吾 (2006-2017)

* Facebook

​* Instagram (inaba toshiro)

Toshiro Inaba , M.D. Ph.D.

Born in Kumamoto in 1979. Medical Doctor.

1994-1997 Kumamoto Prefecture Kumamoto High School.
1998-2004 University of Tokyo, Faculty of Medicine.
2004-2006 Aizawa Hosital (Matsumoto, Nagano)
2006-2009 The Cardiovascular Institute (Roppongi, Tokyo)
2009-     The University of Tokyo Hospital

2014-2020 Assistant Professor, 

                    Department of Cardiovascular Medicine.

                    The University of Tokyo Hospital

2020- Karuizawa Town Hospital, General Medicine Division, 

・Shinshu University Reseach Center for Social Systems(RCSS), Associate Professor.

・Research Center for Advanced Science and Technology, The University of Tokyo(UTokyo_Rcast). Visiting Researcher.

・Tohoku University of Art and Design(TUAD), Visiting Professor (Yamagata Biennale 2020 Art Director)

Currently, Assistant Professor, Cardiovascular Internal Medicine Department, Tokyo University Hospital.
At the University of Tokyo Hospital specializes in catheter intervention and adult congenital heart disease (ACHD), home health care by house visit is also done once a week (Yu home clinic, Tokyo) while also in mountain medical in the summer (Director of mountain department, University of Tokyo) .

In addition to Western medicine, traditional medicine, complementary alternative medicine and private medicine can be widely edited to create soil for the diversity and harmony of medical care.

I also presided over a study group of National Treasure "Ishin-ho(医心方)" (the oldest medical book edited in the Heian era).

In order to review medical care from Life, organized and planned screening of folklore studies, planning .

For the future medical care and emergence of society, we are actively engaged in dialogue exploring contact points with all fields such as traditional arts, arts, folklore studies, agriculture · · ·etc.

I moved to Karuizawa (Nagno) from April 2020, and while working at Karuizawa Hospital (General Medicine Division),

I have also served as a Associate Professor at Shinshu-University Reseach Center for Social Systems.(RCSS) and a visiting researcher at the Research Center for Advanced Science and Technology, The University of Tokyo(UTokyo_Rcast). I also serves as a visiting professor at Tōhoku University of Art & Design(TUAD) (Yamagata Biennale 2020 art director).

I am exploring the ideal way of medical treatment as a part of a new society to regain the whole life.


 
Respected person : Taro Okamoto, Osamu Tezuka, Hayao Kawai, Toshihiko Izutsu, Haruki Murakami, Torahiko Terada , Toru Takemitsu, Hokusai, Kumagusu Minakata, Issei Miyake, Leonardo da Vinci, Richard Buckminster Fuller, John Lennon, Lao Tzu, , Buddha, Miwa Akihiro, AntonioInoki, and many others.

<書籍(単著)>

稲葉俊郎「いのちを呼びさますもの —ひとのこころとからだ」アノニマ・スタジオ(2017年12月22日)

稲葉俊郎「ころころするからだ: この世界で生きていくために考える「いのち」のコト」春秋社(2018年9月20日)

稲葉俊郎「からだとこころの健康学」NHK出版(2019年9月25日)

稲葉俊郎「いのちは のちの いのちへ ―新しい医療のかたち―」アノニマ・スタジオ(2020年7月2日)

<書籍(共著)>
人生が変わる! 無意識の整え方 - 身体も心も運命もなぜかうまく動きだす30の習慣(ワニブックス、2016年):前野隆司x稲葉俊郎対談
見えないものに、耳をすます ―音楽と医療の対話(アノニマ・スタジオ、2017年)大友良英×稲葉俊郎(SWITCHインタビュー 達人達「大友良英×稲葉俊郎」(NHK、2017年3月11日)書籍化)

<書籍(翻訳)>

 ●リチャード・ブレナン(著),‎稲葉俊郎(翻訳・監訳)「身体のデザインに合わせた自然な呼吸法ーアレクサンダー・テクニックで息を調律する」(医道の日本社、2018年)(Richard Brennan「How to Breathe: Improve Your Breathing for Health, Happiness and Well-Being」)

<書籍(その他)>

EGO20 EGO-WRAPPIN' 1996-2016 (リットーミュージック、2016年):鼎談:中納良恵×稲葉俊郎×坂口恭平「創作の秘密に近いところ 芸術・夢・医療」

フードスケープ 私たちは食べものでできている(アノニマ・スタジオ、2016年):アーツ前橋 同展覧会図録寄稿

murmur magazine for men 第3号 ロングインタビュー「あたらしい医療 うつくしい養生」(エムエム・ブックス、2017年)

●Brutus No. 854 人間関係 573 写真/篠山紀信『衝撃の余韻』稲葉俊郎、前川知大(マガジンハウス、2017年9月1日)

『TISSUE Vol.3』特集:まなざしのいいひと。(2017年11月16日)

「死と輪廻―仏教から死を見つめ直す― 」(別冊サンガジャパンVol.4) (2018年4月25日) 

暮らしのおへそ vol.26 (私のカントリー別冊)(主婦と生活社)(2018年8月30日) 

●張明亮(著),峨眉養生文化研修院(編集),山元啓子(翻訳)「五臓の音符 気の音楽療法 CD付き (実践講座)」(ビイング・ネット・プレス、2018年12月3日)解説:稲葉俊郎

●稲葉俊郎『病の神様の微笑』(図録巻頭テキスト『兵庫県立横尾救急病院展』横尾忠則現代美術館)(PDF

<TV>
●ハートネットTV「心悩むあなたへ 古の東洋医学からのヒント」(NHK、2016年5月11日、再放送2016年5月18日、アンコール放送2016年9月21日・9月28日)

SWITCHインタビュー 達人達「大友良英×稲葉俊郎」(NHK、2017年3月11日)

●「Fresh Faces」(BS朝日、2018年:Youtube

●「AI美空ひばり あなたはどう思いますか」(NHK総合、2020年3月20日)(【ゲスト】東京大学大学院教授…松尾豊,ミッツ・マングローブ,藤井隆,【出演】ビートたけし,つんく♂,山口一郎,大友良英,渋谷慶一郎,稲葉俊郎,水野祐)(→番組HP

<新聞>

●『融合するアートと医療 20年、新生 山形ビエンナーレ』(山形新聞、2019年12月26日)(PDF

●『「ビエンナーレ」芸術監督に医師』(朝日新聞、2020年1月5日)(PDF

●ひととき『人と健康 調和を求めて』(信濃毎日新聞、2020年3月17日)(PDF

<radio>
●Saraya Enjoy ナチュラルスタイル(ナビゲーター:野村友里)(J-WAVE、2017年2月5日、2月12日、12月24日)

●Love Our Bay(bayfm、2018/3/19-3/22)

●Tokyo Midtown presents The Lifestyle MUSEUM vol.598(ピーター・バラカン)(TOKYO FM、2019年10月11日)

●KARUIZAWA Sunday Breeze(ナビゲーター:清水とも子)(FM軽井沢、2020年3月29日)

 

<講演>
2016年

●MANSAI 解体新書 その弐拾六(芸術監督・野村萬斎、音楽家・大友良英、医師・稲葉俊郎 鼎談) (世田谷パブリックシアター、2016年7月30日)​

2017年
●ヨコハマトリエンナーレ2017『島と星座とガラパゴス』 対談「島とオルタナティブ:歴史・社会、医療、アート」(ヨコハマラウンド)(マップオフィス(アーティスト)、稲葉俊郎(医師)、吉見俊哉(社会学・カルチュラルスタディーズ研究者、東京大学大学院教授))(横浜美術館レクチャーホール、2017年) ​
●イデア ‐時代を切り開く者たちの良心‐ 

 1回目 対談 宮前 義之(ISSEY MIYAKE デザイナー)

 2回目 対談 田根剛(建築家)

 3回目 対談 松本紹圭(僧侶)

(六本木ヒルズ アカデミーヒルズ、2017年-) ​
●ボイス・ワークショップ‐声をだす、声をきく‐ 

 UA×稲葉俊郎(アンサンブルズ東京、2017年10月14日) ​
●アンサンブルズ東京(UA + 稲葉俊郎、大友良英スペシャルビッグバンド、坂本美雨とCANTUS、芳垣安洋とOrquesta Nudge! Nudge!)(アンサンブルズ東京、2017年10月15日)(アーツカウンシル東京)
●絵を描き、山に登る ~池田学の作品から考える美術と身体と自然の関係~(「action publishing」池田学×稲葉俊郎)(銀座 蔦屋書店、2017年)
●「食の鼓動 ──innereatrip」@スパイラルガーデン(スパイラル 1F) 

いのちの鼓動 トークセッション:

 1 朗読「言霊」稲葉俊郎+永積タカシ(ハナレグミ)(2017年12月28日)

 2 献歌「呼吸」稲葉俊郎+UA(2017年12月29日)

 3 振動「リズム」稲葉俊郎+熊谷和徳(2017年12月30日)

2018年
● 芸術はいのちを呼びさます 対談:稲葉俊郎&石井匠(國學院大學研究員、岡本太郎記念館学芸員、「いのちの交歓」展企画者)(銀座 蔦屋書店、2018年2月9日)

●六本木アートカレッジ:稲葉俊郎(医師)x田口ランディ(作家)(六本木アカデミーヒルズ、2018年3月11日)

●『猪熊弦一郎のおもちゃ箱』刊行+猪熊弦一郎展「猫たち」開催記念トークイベント&ライブ:坂本美雨+稲葉俊郎 モデレーター滝口明子(銀座 蔦屋書店、2018年4月11日)

●『多摩美術大芸術学科・21世紀文化論』「生きること 芸術と医療」(多摩美術大 八王子キャンパス、2018年5月26日)

●「白井晟一の「原爆堂」展 -新たな対話にむけて-」五十嵐太郎(建築史家、建築評論家、東北大学大学院教授)、稲葉俊郎(医師)対談(Gallery5610、2018年6月2日)

●熊本で能楽を愉しむ会 創立記念 トークショー 「医療と能楽」(玄宅寺 第59回出水神社薪能、2018年8月4日)

●TEDxKumamoto(熊本市健軍文化ホール、2018年9月30日)

●「魂の記憶が開かれる時」:朝崎郁恵(唄者(奄美民謡歌手))、レオニード・アニシモフ(東京ノーヴイ・レパートリーシアター芸術監督)、稲葉俊郎 対談(青山ウィメンズプラザ ホール、2018年10月13日)

●大山エンリコイサム 個展「BLACK」開催記念×稲葉俊郎『ころころするからだ』(春秋社)刊行記念 「心身一如ーころころする絵画と医療」対談(銀座 蔦屋書店、2018年11月20日)

●開館27周年記念イベント MIMOCA’S BIRTHDAY :シンポジウム「いのくまさんのこと、ミモカのこと」(丸亀市猪熊弦一郎現代美術館(MIMOCA)、2018年11月23日)
●シンポジウム「哲学・医学・能 -よく生きるためのまなびとあそび-」山中玲子、山内志朗、稲葉俊郎(法政大学市ヶ谷キャンパス ボアソナードタワー26Fスカイホール、2018年11月24日)(主催:野上紀年法政大学能楽研究所「能楽の国際・学際的研究拠点」)

2019年

■『#007 eatrip city creatures』(Ginza Sony Park、2019年4月20日-5月24日)

●eatrip voice & live「高木正勝 × 稲葉俊郎」:高木正勝(音楽家)/ 稲葉俊郎(医師・医学博士)/ 野村友里(聞き手)(Ginza Sony Park、2019年5月1日)

●eatrip voice「稲葉俊郎 × 大友良英」:稲葉俊郎(医師・医学博士)× 大友良英(音楽家)(Ginza Sony Park、2019年5月8日)

●『MANSAI ◉ 解体新書 その参拾 特別版『5W1H』』(芸術監督・野村萬斎+真鍋大度+石橋素(ライゾマティクスリサーチ) 第二部:トークゲスト 稲葉俊郎) (世田谷パブリックシアター、2019年7月13日)

●熊本「万作・萬斎の会」狂言のおはなし&トーク(稲葉俊郎 野村萬斎)(熊本県立劇場、2019年9月21日)

2020

養老孟司×稲葉俊郎「いのちのきほんを捉えなおす」(青山ブックセンター本店、2020年1月25日)

●「健康学入門 ~宇宙船人間丸 創造マニュアル」(横尾忠則現代美術館、2020年3月7日)(cf.『兵庫県立横尾救急病院展』2020年2月1日(土)-5月10日(日)関連企画 巻頭テキスト:稲葉俊郎「病の神様の微笑」)
 

<雑誌連載>
●Yogini(エイ出版社、2016‐2018年)(Vol53-65)

<雑誌>
Be-PAL 2015年12月号 「山岳医療のDrが語る未来医療のありかた」(小学館、2015年)
サンガジャパンVol.21 特集「輪廻と生命観」(サンガジャパン、2015年)
サンガジャパンVol.23 特集「この仏教書を読め!!」(サンガジャパン、2016年)
秘伝 2016年10月号:対談 稲葉俊郎、藤本靖(BABジャパン、2016年)
秘伝 2017年2月号:対談 稲葉俊郎、成瀬雅春(BABジャパン、2017年)

月刊『YO-RO-ZU よろず』Vol.16(2019/1)特集「こころとからだ」:稲葉俊郎『心と体を探求する意味』

「月刊 観世」檜書店(令和元年五月号 第八十六巻第五号)「巻頭随筆 能楽と医学と寿福増長」

『花椿』秋号(No.824 AUTUMN ISSUE 2019)「Sports are beautiful」:稲葉 俊郎「生命100% の充実から生まれる美」(2019年7月)

●「CONTE MAGAZINE」VOL.1 特集:生きるためには、物語が必要です。-「物語」を知るための、9の話- 笑福亭鶴瓶(落語家),角田光代(作家),稲葉俊郎(東京大学循環内科医),,野村友里(料理人)×UA(音楽家)(2019年11月)

暮しの手帖 第5世紀3号(2019年12-2020年1月号):稲葉 俊郎「生命と暮らし」(2019年11月)

クロワッサン  2019年12/25号 No. 1011  稲葉俊郎「美術館を巡る旅」(2019年12月10日)

「やさしくなりたい 01」(稲葉俊郎「からだの内側に基準をつくる」)(2020年4月5日)

「HERS(ハーズ)」2020年5月号 稲葉俊郎『いただきますの前の5秒だけでも』(光文社、2020年4月12日)

「アロマトピア(aromatopia)」No.159 2020/4月号(vol.29/No.2):特集『自然療法とツーリズム』:稲葉俊郎「未来の医療と健康の場 ~生活の日常と旅の非日常」(フレグランスジャーナル社、2020年4月25日)

●Discover Japan 2020年6月号(5月7日発売号):「緊急特集 おうち時間。」「100年後に読んでほしいエッセイ集」:稲葉俊郎「兼業医療家になる」(PDF)(ディスカバー・ジャパン、2020年5月7日)

<監修本>
●「全身の巡りをよくしてデトックスするCDブック」(マキノ出版、2016年)
●「心と体が軽くなる 万華鏡 DVDブック」(学研プラス、2016年):山見浩司(著), 稲葉俊郎(監修)

<Web>

●『Ryuichi Sakamoto: CODA』を観て、思うこと。→稲葉俊郎が語る「CODA」(2017年11月)

●『暮らしとおしゃれの編集室』「無意識を信頼する」 医師・稲葉俊郎 (vol.1, vol.2, vol.3, vol.4) (暮らしのおへそ vol.26 より)(2019年1月)
●PLAY TARO 対談連載:Toshiro Inaba Talks  " Avant Garde Medicine "   稲葉俊郎 対談「アヴァンギャルド医療」 (全10回対談:平野暁臣(岡本太郎記念館館長))(2019/6/17-7/5)

●稲葉俊郎先生と考える、医療の未来『前編 身体全体をとらえるための原点回帰としての「健康学」』『後編 すべてが繋がった循環の中に身を浸すことで、整う。』(未来定番研究所、大丸松坂屋百貨店(2019年10月)

●クロワッサン  2019年12/25号 No. 1011  稲葉俊郎「美術館を巡る旅」(クロワッサンWeb(2019年12月)

RealTokyo AT HOME 『時をかける少女』大林宣彦監督:稲葉俊郎『「ファンタジー」という通路を介して、わたしたちに語りかけてくるもの』(日本語English) (Web: RealTokyo (Culture Review Site))(2020年5月)

photo by. Kohei Yamamoto

photo by. Kohei Yamamoto

CONTACT ME

© All right reserved TOSHIRO INABA