『天然生活』(2020年12月号)、信濃毎日新聞、一条真也さんブログ

発売中の『天然生活』(2020年12月号(Vol.186))にて、荻窪の新刊書店・Title(タイトル)さんが、本を6冊(+お菓子2つ)が紹介されています。


その貴重な枠に、

稲葉俊郎「いのちを呼びさますもの —ひとのこころとからだ」アノニマ・スタジオ(2017年)

もご紹介いただいています!ありがとうございます!!

(特殊な装丁過ぎて、書影が真っ赤なのが面白い・・・)


店主の辻山良雄さんは、池袋リブロの店長を経て、【Title(タイトル)】を始められている方で、本好きの中の本好き、というほど、本に対する愛情と審美眼はすごい方で、書店の中でも一目置かれている書店さんなのですが、その辻山さんに選んでいただけるのは光栄です(辻山さんは自身で本も書かれていますし)。


自分が著作を販売するたびに、いつもフェアをしていただき、本当に感謝です。

場所が遠くとも、本のテキストを介して深く心でつながっていることが嬉しいです。

安易で利害を介したつながりではなく、深い井戸を介した確固としたつながりが、今後は必要とされると思っています。


荻窪の新刊書店・Title(タイトル)

https://www.title-books.com/

〒167-0034 東京都杉並区桃井1-5-2





TitleさんTwitterの写真より)







何気なく信濃毎日新聞を見ていたら、突然自分の顔が出てきて驚きました。3才の子供が、自分の名前を連呼していたので気づきました。笑


11/11という1並びの縁起のいい日。

信州松本です。お近くの方はぜひ!


■2020/11/11(Wed)(18:00-21:00):「にぎやか茶話会 メディアの庭で」串田和美、稲葉俊郎、高橋悠治、山田うん、菊池徹@信毎メディアガーデン(長野県松本市中央2-20-2)

Web(PDF)






一条真也さんと鎌田東二先生の対談本、『満月交心 ムーンサルトレター』(現代書林)をブログでも軽くお薦めしたら、そのブログを一条さんがブログ内(一条真也の新・ハートフルブログ)で再度逆紹介してくれました。笑


一条さんは作家として100冊も本を書かれているすごい方なんですが、本職はサンレーという冠婚葬祭の取締役社長でもあり、優良企業の大会社のトップでもあるんですね。

でも、基本的にこういうお茶目な方でもあり、それでいて仕事量もすべて超人です。笑 

ブログでの書評や映画評もすごく、数少ない、自分が毎日ブログをチェックしているお方。


超人エピソードとして、1500人近い従業員すべて!に直筆で誕生日祝いのメッセージを書くようで、毎日5人くらい書かれているとのことを書かれていたような・・・・。自分も見習います!


2020-10-23:未来医師が『満月交心』を紹介!


<参考>

一条真也の新・ハートフルブログ

一条真也オフィシャル・サイト


<参考 稲葉の書評ブログ>

December 11, 2017:一条真也「唯葬論」(前編)

December 12, 2017:一条真也「唯葬論」(後編)

→文庫化記念で再掲。帯にも書きましたが1冊で100冊分の本です。

自分も帯を書かせていただきました。





© All right reserved TOSHIRO INABA