「殺すな」(岡本太郎、1967年ワシントンポスト)

ベトナム戦争のとき、日本のベ平連が「ワシントンポスト」紙に出した、「殺すな」の文字を書いたのは岡本太郎。1967年ワシントンポスト紙。


成熟した国かどうかのひとつの基準は、「人を殺してはいけない」ということが理屈なく当たり前に通るかどうか、にあると思う。それは国だけではなく個人でも同じだ。



大人と子どもの違いは何ですか、と聞かれた時には、

「善悪を自分で判断できる」「力ではなく言葉で問題を解決できる」と、答えている。

それは個人だけではなく国という単位でも同じだ。








WAR IS OVER!

IF YOU WANT IT


John Lennon & Yoko Ono


戦争はおわる。

(あなたがそれを望みさえすれば)


<参考>→●December 30, 2021

With the Beatles and Sutcliffe (Happy Xmas (War Is Over))




けっきょく、システムを動かしているのは、背後にいる人間でしかない。

それはAIでも同じ。その背後に、人間がいることは変わりない。

そして、システムを動かしているのは一人だけでもない。背後に大勢の人がいるのだが、誰か一人を盾にして隠れているだけではないだろうか。


情報化やAI化での時代の問題は、そうして当事者の人間が背後に隠れていくことにこそあると思う。


人間が前に出て来ることで、対話が生まれる。

力ではなく、言葉で問題を解決できるのが、人間であることの特権だ。