「おくすり」のイメージを自由に

軽井沢町役場の方々など、事前に欲しい方を募り、町の公的な仕事についている人向けの「おくすりてちょう」を配布しはじめました。

錠剤だけではなく、美しい「くすり」を届けるために。

どれも素敵な作品ばかりです。ひとりひとりの手に渡るのが楽しみです。


生命のように形を変え続けながら。わたしたちの無意識を活性化してくれます。公的な仕事についている方々の働きや思いが、生活者の命の「くすり」になるように、との願いも込めて。








6/26日曜は、軽井沢病院での「おくすりてちょう」作成ワークショップも予定通り開催します。天気もよさそうです(むしろ直射日光に注意。テントあります)。


午前の部は予約ですでに満員になってきているので、午後12-15時の辺りにお越しいただければ、一緒に作れますので、ぜひどうぞ~。


●2022/6/26(Sun)(10:00-15:00):軽井沢病院祭~karuizawa hospital festival without roof 2022~@軽井沢病院(長野県北佐久郡軽井沢町長倉2375-1)

https://www.karuizawahospital.jp/www/hospital/contents/1653628929341/index.html







<参考記事>

●June 8, 2022 医療タイムス 2022 Vol.2790「個性豊か おくすりてちょう 軽井沢病院が制作、就労支援も」

●June 7, 2022 「おくすりてちょう」第2シーズン+「MOTTAINAI!おくすりてちょうポスター」


●June 6, 2022

karuizawa hospital festival without roof 2022


●May 20, 2022

イメージの源にアクセスする「おくすり」


●May 2, 2022

広報かるいざわ5月号「対話がひらく未来」


●April 27, 2022

世界に一つだけの「おくすりてちょう」~karuizawa hospital witout roof~プロジェクト Vol.2


●April 3, 2022 「おくすりてちょう」 世界に一つ

●April 1, 2022 あたらしい役割とあたらしい「おくすりてちょう」