Tokyo Art Beat『医療とアート:医芸一魂、いのちの全体性を取り戻す営み』+FM軽井沢ラジオ「今こそ永遠」(最終回)

アナウンスふたつ。


医療とアートというお題で、Tokyo Art Beatに書いた記事です。

横尾忠則愛と岡本太郎愛が、ダダ漏れにはみ出してますが笑

医療とアートの関係とは何ぞや、と。みなさんはどう思いますか?


是非お読みくださいー。



●【Web】2021/12/25:稲葉俊郎『医療とアート:医芸一魂、いのちの全体性を取り戻す営み』(Tokyo Art Beat)


--------

医療とアート:医芸一魂、いのちの全体性を取り戻す営み 

【シリーズ】〇〇とアート(4)

文:稲葉俊郎

医師であり「山形ビエンナーレ2020」芸術監督を務めた筆者が、芸術と医術を一体のものとして考える思想について、横尾忠則や岡本太郎などを例示しながら論じる。

--------






2021年1月から期間限定で始めたこちらのラジオも、毎月1回の12回目、12/26日曜で最終回!

ビートルズやジョンレノンと「いのち」の話で終わります。

ぜひ軽井沢fmのホームページから、お聴きください!


https://fm-karuizawa.co.jp/



●【radio】2021/12/26(Sun)(AM10:30-10:55):「今こそ永遠」(最終回)(メインパーソナリティー:稲葉俊郎)(毎月最終日曜日(AM10:30-10:55))(FM軽井沢