FRaU Web小林エリカさん対談、『月刊 秘伝』(2021年01月号):“読書十段”団長のBOOKレビュー選書

Web掲載と書評のご紹介。



講談社のFRauの、2020年08月号「Hello Nippon! 日本からはじまる、SDGs」の中で、小林エリカさん(作家・漫画家・アーティスト。同世代!)と対談させていただきました。もう半年近く前の対談ですが、FRaUのWeb版で対談内容が公開されていますので、ぜひお読みくださいませー。


ポストコロナの世界を考える1:稲葉俊郎×小林エリカ「コロナの姿を“見た”=“わかった”と錯覚している」

 〇もう一回ちゃんと悩んで考えて、そして次の一歩を踏み出していく

 〇今いるのは深い井戸の底。悩み、考え、出口を探せ

 〇「見える」ことの落とし穴。本当に「理解」するとは?

 〇人と自然、人と人 折り合える距離感を取り戻す


cf.■2020/07/29:FRaU No.538(2020年08月号)「Hello Nippon! 日本からはじまる、SDGs」:『ポストコロナの世界を考える、5つのダイアローグ』:稲葉俊郎x小林エリカ「コロナの後の世界の話をしよう」








---------------


『月刊 秘伝』という、他の追随を許さない!オリジナルな雑誌があります。武道・古武道などを特集するハードコアな雑誌!


12/14発売の最新号(2021年01月号)は「弓道」の特集で、その歴史などの特集ページを読むと知らないことばかりで本当に面白いのですが、今回はその特集記事の話ではなく、「“読書十段”団長のBOOKレビュー」があり、こちらで、稲葉俊郎『いのちは のちの いのちへ』(アノニマ・スタジオ、2020年)が紹介されていますー。


ご興味ある方は、この雑誌と共にぜひご覧くださいませ~。













●【Magazine】2020/12/14:『月刊 秘伝』(2021年01月号):“読書十段”団長のBOOKレビュー 選書:稲葉俊郎『いのちは のちの いのちへ』(アノニマ・スタジオ、2020年)