Alps gohan@松本

松本のもう一つの目的。

「つむぎや」の金子健一 さんがされているAlps gohan(アルプスごはん)(長野県松本市深志3-7-5)

http://www.alpsgohan.com/


ここには是が非とも行きたかった。


驚いたことに、まつもと市民芸術館、松本市美術館の眼と鼻の先ではないですか!


外観から見ただけでも素敵な空間で、中に入るとすっと心が落ち着きゆったりとした時間が流れている。





山形ビエンナーレでは、「全体性を取り戻す芸術祭」としていましたが、まさにAlps gohan(アルプスごはん)のような空間が「全体性」のある場所。

神は細部に宿るように、あらゆる細部が、店主と強い関係性で結ばれたものが置いてあり、こうした場所こそが全体性のある場所なんだよなぁ、と、改めて。


ひとつひとつの食材と料理には、素材にこだわった生産者の物語があり、そうした物語を共有するように食事をする。「食事」というように、「食」だけではなく「食べる事」をしている気持ちになる。








自分の著作も!配置されていて感動だったー。






金子さんを支える多くの仲間の愛や敬意。

生産者への感謝、ユーモア。そうしたものが溢れていました。







奥津典子「奥津典子の台所の学校」WAVE出版 (2020/3/24)ミスミ ノリコ「繕う愉しみ」主婦と生活社 (2018/8/17)


どちらもノリコさん!ノリコさんは素敵な方多し!












松田恵美子「身体感覚を磨く12カ月」ちくま文庫(2010/7/7)


金子さんとは、もともと、松田恵美子先生の身体感覚講座で野口整体の神髄?を、共に学んだ仲間なんですよねー。




帰る間際、壁にサイン書いていい!という光栄な申し出を受け、「いのちは のちの いのちへ」の中にも書いた「I'm OK. you are OK.」という対話のあり方の言葉が好きだ、という金子さんの申し出を受けて、壁に刻印してきました。

自分が死んだら、尾崎豊の渋谷クロスタワーみたいになるといいなぁ(自分は浪人生で東京に上京してきたとき、その足で渋谷クロスタワーに行きました。懐かしい~。)。






それはともかく。

本当に素敵なお店なので、ぜひ松本に行くときは立ち寄ってほしい。


カウンター8席だけの小さな食堂ですが、赤ちゃんでも寝れるようなベンチシートも完備!されていて、赤ちゃんも大歓迎、というのが、金子さんの優しさに溢れています。自分は赤ちゃんじゃないけど、そのベンチシート座りましたー。(今度は家族で参ります)









Alps gohan(アルプスごはん)

長野県松本市深志3-7-5

(営業日|木金土)

http://www.alpsgohan.com/


© All right reserved TOSHIRO INABA