4月23日(金)(19:00-21:00)「伝統と近代医療から未来医療を考える ~日本最古の医書『医心方』から学ぶこと」(身心変容技法オンラインセミナー第1回)

「身心変容と医療/表現~近代と伝統 先端科学と古代シャーマニズムを結ぶ身体と心の全体性 (身心変容技法シリーズ3)」の出版に合わせて、身心変容技法オンラインセミナー全7回が、4月23日から7月24日の間に行なわれます。


Web

https://shinshinhenyo.peatix.com





自分は、 第1回 4月23日(金) 19:00~21:00 稲葉俊郎「伝統と近代医療から未来医療を考える ~日本最古の医書『医心方』から学ぶこと」 というタイトルで、『医心方』の紹介をしながら、1000年近い前の古典から、1000年後の未来を構想できるような医療の根底に流れる話をしたいな、と思っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー 〇全7回 【第1回】現代医療の最前線で統合的な医療の試みを続ける医師・稲葉俊郎氏 【第2回】東洋医学と西洋医学を架橋し一般の人にもわかりやすい論考をいただいた医師・中田英之氏 【第3回】音楽療法の実例を通じて人間の豊饒を描出した医師・阪上正巳氏 【第4回】中世キリスト教の修道女であり作曲家ヒルデガルトの宗教体験と表現を描いた音楽学者・柿沼敏江氏 【第5回】世阿弥と松尾芭蕉をつなぎ、此岸彼岸を往還する能の深奥を文章化された能楽師・安田登先生氏 【第6回】意識の創発を巡るベルナール・アンドリュー氏の先端研究を訳出し、      セミナーでは専門とする身体論からの講義をされる教育学者・奥井遼氏 【第7回】身心変容の社会的展開を仏教の文脈、そしてケアの文脈で論述いただいた宗教学の泰斗・島薗進氏      そして、人類史から身心変容の歴史を紐解き古代の神話・伝承に医療の源泉を探求した、      研究代表・鎌田東二氏。両氏の講義と対談。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー このような感じで、錚々たる講師陣が出てきますので、オンラインですが、ぜひご参加ください







■セミナー概要

<身心変容技法シリーズ第3巻刊行記念オンラインセミナー>

「身心変容と医療/表現~伝統と近代」

スケジュール:4月23日~7月24日 全7回

       各回19:00~21:00

場所:Zoomウェビナー開催 

    *参加者に別途お知らせ

    *アーカイブ配信チケット希望者は、開催後アーカイブ配信

参加料:各回2500円(アーカイブ配信2000円)

    *全7回セット割引あり(~2021年4月23日17時まで販売)

    *全7回&書籍セット割引あり(~2021年4月23日17時まで販売)

     尚、本の発送は、国内のみとさせていただきます


■各回テーマ・日時

第1回 4月23日(金) 19:00~21:00

稲葉俊郎先生

 「伝統と近代医療から未来医療を考える ~日本最古の医書『医心方』から学ぶこと」


第2回 5月15日(土)19:00~21:00

中田英之先生

 「身心変容と東西医学~聖書に描かれた身心変容技法を修験道から読み解く」


第3回 5月29日(土)19:00~21:00

阪上正巳先生

 「音楽療法における身心変容の諸相~統合失調症を中心に」


第4回 6月11日(金)19:00~21:00

柿沼敏江先生

 「ヒルデガルトとジョン・ケージにおける身心変容」


第5回 6月25日(金)19:00~21:00

安田登先生

 「あはひの身心変容技法~能と芭蕉を中心に~」


第6回 7月9日(金)19:00~21:00

奥井遼先生

 「フランス身体哲学の展開~わざの稽古にみる創発論」


第7回 7月24日(土)19:00~21:00

鎌田東二先生

 「身心変容と生業と医療~なりわい・わざわい・さちわいの交叉点」

島薗進先生

 「身心変容と医療/表現~伝統と近代――総括と展望~霊的暴力と身心変容の社会的展開」


■当日のプログラム

〇第1回~第6回

 ・全体趣旨説明、講師紹介(鎌田東二)

 ・各講師による講義 60~70分

 ・各回講師と鎌田氏による対談 15~20分

 ・Q&A

 *その他、各回の紹介は追記します









© All right reserved TOSHIRO INABA