© All right reserved TOSHIRO INABA

横尾忠則「B29と原郷-幼年期からウォーホールまで」@SCAI THE BATHHOUSE

June 11, 2019

 

 

 

SCAI THE BATHHOUSE での横尾忠則さんの個展。

やっぱりすごかったなぁ。

 

絵から放射される時間の厚みとでもいうべきか。

あらゆる過去と未来とが、現在として提示されている絵画芸術という質の厚みに、いつも感動する。

 

ギルガメシュ(古代メソポタミア、シュメール王朝の王(紀元前2600年頃?))の絵の前で、ほんとうに金縛りにあって、あやうく神隠しにあいそうだった。。

 

横尾さんの原画を見たことない人は、ぜひ。

すごいです。絵に溶け込んでいくほど何時間でも見続けれます。自分の感覚では、絵そのものと一体化して見れる、と言いましょうか。絵と「わたし」とが分離せずに。

 

2歳の子供は、DMの斬新さに見惚れていました。子どもの方が、質って、分かるんでしょうね。

 

 

 

 

(中で写真撮ってOKだったのですが、なんとなく畏れ多くて外から。)

 

 

 

 

 

 

横尾忠則
「B29と原郷-幼年期からウォーホールまで」
2019年5月31日(金)- 7月6日(土)
開廊時間:12:00 - 18:00 ※日・月・祝日休廊
会場:
SCAI THE BATHHOUSE

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload