© All right reserved TOSHIRO INABA

「横尾忠則 幻花幻想幻画譚 1974-1975」@ggg

September 8, 2018

ggg(ギンザ・グラフィック・ギャラリー)で開催中の「横尾忠則 幻花幻想幻画譚 1974-1975」(2018年09月05日(水)~10月20日(土))を見に行って、悶絶した。感動した。

 

 

この展示は、1974~75年!という40年以上も前に東京新聞に連載されていた小説『幻花』(瀬戸内晴美(現・瀬戸内寂聴))に寄せた挿絵だけを集めた原画集。

なんと、このすさまじくイマジネーションに溢れた絵の原画は、40年以上もこの世界の奥深くで息をひそめて隠れていたらしく、2015年に初めて公開されたとのこと。

この膨大なイラストレーションの数々が、なんと無料ですべて原画を見れてしまう機会。


あまりに衝撃を受け、感動をして、思わず画集も買った。
400ページ近くもあるのに4000円ほどで買えてしまうので、画集にものけぞった。


ただ。

やはり原画に勝るものはない。

 

一本一本の丁寧で精緻な筆運び。そして絶妙な絵の配置。

ここしかない、という場所に横尾さんのペンの軌跡が置かれる。

さらに、本体の小説とは独立した生命を持ったようなイメージの連鎖と共鳴(UFOや寂聴さん作者本人まであふれてくる)には、文字世界とイメージ世界とのパラレルワールドを感じた。

 

 

絵の展示の仕方、空間や音響や照明も素晴らしく、銀座に行かれた時はぜひお立ち寄りください。

ひとつひとつの絵を、穴が開くほど見てもまったく飽きることがない、絵の奥に何層にも絵があるような、すごい絵です。

横尾さんの天才さを、肌感覚で感じれるいい機会。

唖然とあんぐりとしてほしい。

ぜひに。

 

 

 

 

 

 

 

 


ギンザ・グラフィック・ギャラリー第368回企画展
横尾忠則 幻花幻想幻画譚 1974-1975
2018年09月05日(水)~10月20日(土)
http://www.dnp.co.jp/CGI/gallery/schedule/detail.cgi?l=1&t=1&seq=00000728

 

東京都中央区銀座7-7-2 DNP銀座ビル1F
ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload