© All right reserved TOSHIRO INABA

存在の響き

June 15, 2018

『身体のデザインに合わせた自然な呼吸法―アレクサンダー・テクニークで息を調律する』(医道の日本社)刊行記念、として行われた、5月16日の青山ブックセンターでの歌手、鈴木重子さんとの対談。

 

その対談の打ち合わせで、重子さんの実のお父さんがなくなられるときの「看取り」と「存在の響き」「存在の音」の話があり、とても心に染み入る内容で、、、、

 

 


その話をぜひ共有したいという、<医道の日本社>の方の熱い思いで、記事として追加されて紹介されています。

 

ぜひお読みください!

 

 

『身体のデザインに合わせた自然な呼吸法』刊行記念イベント前のおはなし

 

 

 

参考 過去のブログ記事

ヴォーカリスト鈴木重子さんと(May 17, 2018)
リチャード・ブレナン(著),‎稲葉俊郎(翻訳・監訳)「身体のデザインに合わせた自然な呼吸法ーアレクサンダー・テクニックで息を調律する」(March 20, 2018)
 

 

 

 

 

 

鈴木:私が父から感じたメロディは「父の存在の響き」なんです。だから、それを父に歌って聞かせることで、どこかうろうろしないように、確実にあの世の扉の前まで連れて行こうと……。
でもそのガイドになっているものって、父自身の存在のことで。別に、私が教えるとかそういうものではないんです、そもそも。彼はそこから出てきてそこに帰っていくわけですよね。だからメロディが聞こえたら、迷わずラインに沿って行けるだろうという……
その時はそんなこと考えて歌ってわけじゃないんですけどね(笑)。

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload