© All right reserved TOSHIRO INABA

感動のエネルギー保存則

November 12, 2017


自分は素敵なLiveに行ったり、素敵な演劇や映画や音楽を体感したら、眠くて眠くても、なるべくその日に感想を書くようにしている。ブログなどで発表するかしないかに関わらず。作者だけに送る場合もある。


それは、自分にとってエネルギー保存則のようなものだ。
感動する。自分の何かが活性化されて表に出てくる。
ああ、この感動を、何か形に!と。
消えてしまうのはもったいない、もったいないと。
「もったいないお化け」が出てこないように!(そんなCMありましたよね)


だから、その感動したエネルギーをうけ、合気道のように力を損なわないようにして、感想を書く。

すると、なんだかすっきりする。


後で読み返すと、自分の感動や驚きが、文字として定着していて嬉しくなる。
しかも、それを読んで嬉しかったー、と言われると、ここでも何かが循環していて、さらに嬉しくなる。


そういうことも含めて、エネルギー保存則のようなものだと思う。

感動のエネルギー保存則。
自分の身体を介して何かが自然界を循環しているのだ。

 

 

イキウメの「散歩する侵略者」を見に行く前も、緊急治療や当直などで、2日連続で寝不足だった。

 

夜中に緊急治療で呼ばれた。
夜中に自転車をこいでいると、新聞配達のひとたちと、豆腐屋のおじさんとが、すでに時間は朝に切り替わっていて働いていた。ひとによって、仕事によって、時間の流れって違うんだなぁ、と。

眠い目で必死に自転車をこぎながら、心の中で勝手に同士だと思い、ひそかな友情が育まれる。


さらに翌日は泊りの当直だった。
寝れない!寝たい!でも、寝れない!

 

夜中は夜中の法則があり、いろいろなことが起き続ける。そこに対応し続け、夜が更け、朝になる。
人の体は固定化していない。生生流転する。だからこそ、人には人が応じないといけない。疲れの中でも、疲れ果てないよう、自分自身のケアに励みながら。

 

 

そんなこんなでシアタートラムに『散歩する侵略者』!を見に行った。

その楽しみを思いながら、どんなことでも頑張ろうと、奮い立たせた。

 

楽しいイベントが先に控えていると、想像するだけで思わずニンマリ、ニヤニヤする。
それはさすがに気持ち悪いから、一人でいる時だけ、思い出すようにしている。

 

 

こうした面白い人たちの面白い作品に、どれだけ救われたか分からない。
広い意味でのチーム医療だ。

前川さんもイキウメの役者さんも、自分にとってのチームの一員のようなもので。

 

 

というのも。

文化を支えるみなさんのおかげで、巡り巡って自分も医療もなんとか崩壊せず、頑張っているのです。

 

心のエネルギーを供給しないと、心の栄養失調症になり、餓死寸前になりますもので。

 

 

そういう感謝の思いも込めて、エネルギー保存則を信じて、受けた感動は文字として冷凍保存している。

後で読むと、その感動が解凍されて飛び出してきて、我ながら驚くのです。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload