油や(中山道軽井沢追分宿)と音楽

比較的ご近所にある追分の油屋。


ここでレコードを打っていると聞き、エルトンジョンのレコード(蒼い肖像 (Blue Moves)、1976年、ジャケットデザインが素晴らしい)を買いに行った。



そうしたら、

偶然にライブが行われていて幸運だった。

追分ズージャ楽団という、地元有志のジャズ演奏で、とっても本格的。

生での音楽が聞きに行けない昨今で、こうして偶然通りかかっているところで素敵な音色が流れてきて、感動。


飛び入りのボーカルは、山ガイドをされている女性で、まるで野生児のような自然体の方で(名前が分かるません・・)、天然自然の声が、聞き手の心にも、空間の心にも、すうっとしみわたり、素晴らしい時間だった。









油屋は 信濃追分文化磁場として、中にギャラリーがあったり、本屋があったり、レコード屋もあり、そのごちゃごちゃ感がたまらなくいい。同時進行に色々な物事が進んでいるのは、人体のようだ。

自分もこの場に対して、何か貢献したいなぁ。


2階で素泊まりもできるようなので、もしご興味ある方はぜひー。



油や(中山道軽井沢追分宿) | 信濃追分文化磁場)

〒389-0115

長野県北佐久郡軽井沢町追分607

HP