未来を体現する住まい

軽井沢タリアセン内で、わびさびを体現した素敵な小屋。

カビとの共生は辛くてイヤでしたけど、植物との共生は体現したいです。










NHKで「THE ARCHITECT’S PLACE 北欧発 建築家の幸せな住まい」という番組が4月頃にあり、そこに出ていた建築家のハンス・ムールマンが素敵で今でも記憶している。


集合住宅も植物と共生していて、こういう集合住宅に軽井沢で友達と住みたいなぁ。そして、社会基盤の前提から、未来を共に創造したい。住まいは大事。軽井沢はよき定住地がないのが問題(別荘地はあくまでも別荘ですので)で、創造的に解決したい。


住まいは、人に居場所を与えるもので、人間の居場所は、地球上でどうあるべきか、というのは、人間の尊厳や健康にも大いに関係があるもので。建築家の方ともそうしたことを共に考えたい。


写真は当時の映像から。










山形ビエンナーレに出て頂いた、軽井沢に在住の遠野未来さんも、まさに「未来」を体現する建築家!


遠野未来建築事務所 - TONO MIRAI architects