top of page

映画『1%の風景』(吉田夕日 監督)パンフレット寄稿(11/11公開)

失われつつある助産師の世界を描くドキュメンタリー映画『1%の風景』(吉田夕日 監督)が、11月11日に公開されます。私も助産師さんや助産院を応援するためにも、この映画のパンフレットに文章を寄稿しています。Web上にも一部の映画コメントが掲載されています。





出産現場のリアルを感じたい方は、公開になったらぜひ映画ご覧になってください!

つむぎ助産所、みづき助産院の助産師の方々などが出ていて、助産院の現状なども知ることができます。






■【Movie】『1%の風景』(監督:吉田夕日)(映画パンフレット:稲葉俊郎「人が生まれるということ」)(2023年11月11日(土)~ポレポレ東中野ほか全国にて順次公開)(公式サイト


==============

・cinemacafe

https://www.cinemacafe.net/article/2023/08/08/86807.html


“助産師”の世界をもっと知るドキュメンタリー『1%の風景』11月公開

助産所や自宅で出産をした4人の女性と、彼女たちをサポートする助産師の日々をみつめ、9月に開催予定の「あいち国際女性映画祭 2023」で国内招待作品として上映されるドキュメンタリー映画『1%の風景』が、11月11日(土)より公開されることが決定した。


・映画ナタリー

https://natalie.mu/eiga/news/536026


・キネマ旬報

https://www.kinejun.com/2023/08/08/post-28108/


――――――――――――――――


【吉田夕日 監督】

この映画は、病院で第一子を出産した私が、第二子を助産所で出産したことから始まりました。助産所での日々は、それまでの人生とは別の景色の中にいるようで、一日の時間の流れも、口に入れる食事の温かさも、耳にする音も、匂いも、何もかもが特別でした。また、いつでも頼れる助産師がそばにいてくれる安心感と心強さは、産後の不安や育児の悩みを抱える私たち家族に精神的、身体的な安定をもたらしてくれました。それまでほとんど知る機会のなかった"助産師"の世界をもっと知りたい。私は、生後6ヶ月の息子を背負いながら、カメラを手に助産所に通い始めました。

撮影を続けて3年が過ぎた頃、新型コロナウイルスの流行が始まり、外出することさえ儘ならなくなった時も、助産師は妊婦の身体に触れ、会話をし、お産に向き合う姿勢が変わることはありませんでした。目の前の妊婦一人一人に向き合い、命が生まれるまでを見届ける姿に、私は撮影をしながらずっと勇気づけられていました。

この作品で描かれるのは、1%の選択をした4人の女性と助産師が過ごすささやかな日々です。そして小さな命がこの世に生まれるのを、信じて待つ時間です。世界がどんなに変わろうとも、女性が命を授かった時、寄り添う誰かがいてくれますように。そんな願いを込めて作ったドキュメンタリー映画です。


【稲葉俊郎 医師、医学博士】

どんな人も「いのち」が宿り「お産」を経由して、こうして存在している。そういう意味で、自分が「いのち」を授かったことを改めて考え直すきっかけにもなるだろう。「日々のお仕事の中で、映画の中で語り得ないこともたくさんあるかと思います。いつも大変なお役目を引き受けいただきありがとうございます」と映画を観た後に言葉が漏れ出てきた。この映画であなたは何を感じただろうか。


【繁延あづさ 写真家】

産む人と、そばにいる人と、うまれてくる赤ちゃんと。笑い声、唸り声、泣き声が居合わせるこの風景が好きだ。今を超えていく、あたらしく生まれだす風景。私もここから始まった。


『1%の風景』は11月11日(土)よりポレポレ東中野ほか全国にて順次公開。

bottom of page