新刊:「いのちの居場所」(扶桑社:2022/6/26)

ついに。。。。新刊が、、、出ます。 嗚呼、長かった・・・。 感染症の流行と共に、2年かけてなんとか書きました・・・。 早朝4時起きで静かな時間を確保して、深く無意識にもぐりなおして書いて、仮眠して、出勤して、の繰り返し。なぜ、そこまでして書くのか、よくわかりません、、。


書いている本人としては、もう評価ができないんですが、一生懸命、思いを込めて書いた、としか言えません。


装丁は、熱望して名久井直子さんに依頼し、お受けいただきました。実物は金の箔押しでなん百倍も美しいと思います。

もう少しで表紙の実物も受け取れます。本の実物はまだですが(というのも、いまだに、直前まで、校正中!!!汗汗)。


また新刊イベントなど、小規模でやっていきたいのですが(本屋さん、呼んでください!なんとか仕事の合間に行きたいです!)、ぜひ現地の本屋で買えない方は、予約にてお買い求めください~。


適時、また続報流しますが、取り急ぎ!


●【Book】2022/6/26:稲葉俊郎「いのちの居場所」(扶桑社)(→Amzon