山形ビエンナーレの波紋

山形ビエンナーレのまとめ仕事で、日帰りで久しぶりの山形入りしました。


山形ビエンナーレは2020年9月で一度閉幕しましたが、あらゆる挑戦をした芸術祭です。世界初?と思われるチャレンジもたくさんあったんですよ。あんまり自分が自分が、、と、エゴを出すのも美意識に反するので、そこまでアピールしてませんでしたが・・・。


ほんとうの価値というのは、「自分が死んだ死後にどう評価されるか」というものだと思っています。そうではないと、評価軸の中でエゴが顔を出してしまいます。


自分含めた出演者全員の死後(120年後くらい?)にも正当に評価されることを常に考えながら、山形ビエンナーレは構想しました。まだ見ぬ未来への静かな波紋をイメージしながら。















まだアーカイブで見れるものも多く、熱が冷めてひと段落した2020年の年末(今年もあと二か月弱!)、ラジオのようにゆっくりご覧ください。

山形ビエンナーレ プログラム

https://biennale.tuad.ac.jp/program


akikoさんの作品と歌(坪口昌恭(pf))「音のかたち、いのちの音」もアーカイブで公開されたばかりですし、山形ビエンナーレ2020はいまだに胎動し続けています。必見です!


「音のかたち、いのちの音」 山形ビエンナーレ2020



<パーソネル>

akiko(vo)、坪口昌恭(pf)


<演奏曲>

0:00|I Am

7:56|Transformer

14:15|Love Theme from Spartacus

20:00|Words

24:30|花笠音頭

33:04|I Miss You



→参考:稲葉俊郎 × akikoトーク「音のかたち、いのちの音」(山形ビエンナーレ2020)






© All right reserved TOSHIRO INABA