学びのきほんの学び舎@Title2階ギャラリー(8/26-9/13)

荻窪の本屋Titleさんで、「学びのきほん」シリーズの展示が2階のGalleryで開かれます。

こちらシリーズ、わたしも『からだとこころの健康学』(2019年)として出させていただき、毎年、いろんな学校の入試(中・高・大学も!)に採用されたりと、とてもうれしく思っています。








このシリーズは、若松 英輔さん、安田登さん、藤田一照さん、仲野 徹さん、松村 圭一郎さん、齋藤 孝さん、高橋 源一郎さん、釈 徹宗さん、中島 岳志さん、土井 善晴さん、上野 千鶴子さん、平田 オリザさん・・・・という一流の方々ばかりが名を連ねているシリーズなので、わたしが末席を汚すようで恐縮なのですが、頑張って書きました。軽く読めますが、内容自体は深いものを書いています。


この展示に寄せる文章も書きましたので、ぜひ行ってみてください。

2022年8月26日(金)ー 2022年9月13日(火)まで!





==========





学びのきほんの学び舎

https://www.title-books.com/event/10336


開催日

2022年8月26日(金)ー 2022年9月13日(火)

時間

12:00 - 19:30(日曜日は19時まで) 水曜・第三火曜日定休 最終日13日(火)は17時まで

会場

Title2階ギャラリー

〒167-0034 東京都杉並区桃井1-5-2


「学びのきほん」シリーズは「2時間で読める実践的な教養書」をコンセプトに創刊されました。Titleでも創刊以来、多くの読者へ本シリーズを届けてきました。

今回の企画展では、そんな「学びのきほん」シリーズを起点に、「学びなおし」のための本を一挙に集めます。

「学びのきほん」で古今東西の教養のきほんを学び、読んだあとには「知の森」にいざなわれ、いろんな本を読んでみたくなる――。そのような本との出会いの場を作ることができればと思っています。


また、「学びのきほん」の世界観をより一層味わってもらうために、1冊1冊ができた過程を、本シリーズの編集者とデザイナー・鈴木千佳子さんが解説したパネル展を催します。

さらに、「学びのきほん」執筆陣が考える「学びとは何か」について、書下ろしの原稿を展示します。

「学びのきほん」の世界から、ぜひそれぞれの学びを始めてみてください。


■来場特典:展示期間中に「学びのきほん」シリーズを2冊お買い上げのお客様(先着順)に、オリジナルトートバックをプレゼント。会期中には、リーフレット「学びのきほんブックガイド」と、シリーズそれぞれの「しおり」を無料配布します(先着順)。


学びのきほん(まなびの・きほん)学びのきほん(まなびの・きほん)

2018年3月、「生きた学びを手に入れる」ことを目ざして創刊。哲学から料理まで、あらゆる学問分野の「きほん」を1冊2時間で学ぶことができる。デザイナー・鈴木千佳子、編集者・白川貴浩で4年間に18冊を刊行、シリーズ累計40万部を迎える。最新刊は『ともに生きるための演劇』(平田オリザ)、次号は『教養としての俳句』(青木亮人)を10月に刊行予定。