ハナレグミ『発光帯』 発光する音と声の帯

ハナレグミのニューアルバム『発光帯』。すごくいい!!



初回限定盤は、崇さんが撮影した写真集付き。対象そのものを映すのではなく、場や時代の空気を写し取っていて、現代美術のようで素敵です。






前作「SHINJITERU」(2017年)から3年半ぶりのアルバム。






『発光帯』という表題曲も、レキシの池田貴史さん(彼も本当に多才!)の作曲・プロデュース で、しかもクラムボンの原田郁子さん!が作詞を手掛けていて、心にしみる。ラジオでヘビーローテーションされそう。今の時代に響く名曲だなぁ。

「僕のBUDDY!!」は作曲が奥田民生さん!。

沖祐市さん(東京スカパラダイスオーケストラ)作曲の「on & on」もそうですが、一流ミュージシャンが永積崇という強烈な磁場に寄せ付けられて作成したアルバム。


疫病・伝染病の時代に都市活動が止まってしまった。その中でのミュージシャンの心情が、崇さんの身体を通して変換し再構築して、表現という井戸水を介して放出している。清涼感と深さと軽やかさに満ちた素晴らしいアルバムです。


軽井沢にもLiveに来てほしいなぁ。いづれ、FM軽井沢の「今こそ永遠」でも、ハナレグミは取り上げる予定ですが。


『発光帯』は装丁もすばらしい。これは音源のDownLoadでは分からない触感と美意識。物体としての質感は本当に大切で。


発行「体」ではなく『発光帯』というタイトルなのは、個人としての光だけではなくて、場所や空間、時代、そうした個を超えたものの「光」が帯のようにして光を放っていることが込められているのかなぁ。

自分も、そうした『発光帯』の一隅を照らしたいです。



ぜひお聞きを~!



●ハナレグミ - 「発光帯」 Music Video



●ハナレグミ - 「Quiet Light」Music Video




●ハナレグミ - ニューアルバム『発光帯』完全生産限定盤 DVD teaser