NHK「燃える闘魂 ラストスタンド~アントニオ猪木 病床からのメッセージ~」

NHK・BSプレミアムの「燃える闘魂 ラストスタンド~アントニオ猪木 病床からのメッセージ~」は素晴らしい番組だった。




アントニオ猪木という人間の懐の大きさ、弱さをすべて見せる真の強さ、人間として最も気高く尊厳のあるものを感じられるいい番組。アントニオ猪木は、永遠のスーパースターだ。 元気があればなんでもできる、とは真理だと思う。


自分はプロレスと漫画と音楽から、人生に大切なもののほとんどを受け取ったなぁ、と改めて思う。

藤波辰爾も藤原喜明も馳浩も出てたりして、いろいろと感無量。西村修とか小川直也とかも本当は出たかったんじゃないかなぁ。ベイダー戦もTVで見て改めて感動。

アンドレザジャイアントを小学生くらいのころ?父と熊本のどこかで生プロレスを見に行き、実物を見上げた衝撃も忘れられません。プロレス会場で猪木さんに触らせてもらったときもありますが、体がゴム毬みたいに柔らかくて驚きました。昭和プロレスファンとしても必見で、大いに元気をもらった。プロレスは永遠に不滅。


我が家には、アントニオ猪木デビュー50周年記念DVD-BOX(20枚組!)もあるけど、我が子もいつか猪木やプロレスにはまるんだろうか?!