Body Tension Dialogue~凝りとあそぶ~

Body Tension Dialogue~凝りとあそぶ~

池上恵一(マッサージ芸術家)



お互いの体の可視化された「凝り」マップ。

星座のよう。

この形にも、その人その人の体の癖と歴史がある。

お疲れさまです。からださん。







風船をつかったワークもたのしかった。

体と体の間に風船を介して、参加者全員でムカデのようにひとつのからだになる。

身長に慎重に動けば、たしかに体はひとつとして動く。

ある時、そのバランスが崩れると、誰かがバランスをとろうとして動く、そうすると別のバランスが崩れるのでまた別の人が動く、そしてまた・・・、ということで、調和が崩れた時にこそ、個々がバランスをとろうとして「大きな動き」が結果として起こるのだな、ということを「腑に落ちて」感じた。


いまの時代もきっと同じだろう。

ウイルスの侵入により、人間社会の均衡は確かに崩れた。ただ、そのことで一人一人がバランスをとうろして思わず動く。そうした全体の動きやうねりのようなものが、次の平衡状態へ移行するまでの大きな動きとなるのだから。



1時間があっという間!

池上恵一さん、ありがとう!









Body Tension Dialogue~凝りとあそぶ~

池上恵一(マッサージ芸術家)

https://biennale.tuad.ac.jp/program/621