畑にて

畑は自分でやってみて、その大変さを汗や失敗を通して知るからこそ、野菜そのものや流通のありがたみが身に染みてわかる。


遠山農園の苗で育てたズッキーニは、植物全体の形が花開くような形態をとっていて、その形態がまるで食虫華のようで、驚いた。










そうして、食べることができるようになるまでの植物の形態変化のプロセスを観察していること自体が面白くて。そして自分で手塩にかけて育てたものは、とびっきり美味しく感じるから不思議なものだ。家族全員で力を合わせた、ということの意義も深い。


自然界の中に植物は多様にあるけれど、畑には人間の内臓と親和性の高い植物が多く植わっていて、畑を育てる人の内臓が露出しているような気がして面白い。

もっと美味しくて生命力ある野菜を育てたいなぁ、と、つい欲が出てくる。