© All right reserved TOSHIRO INABA

張明亮「五臓の音符 気の音楽療法」の解説文を

November 30, 2018

 

峨眉気功の解説文を書いた本が、出ます!

 

 

峨眉気功は、中国三霊山のひとつ、そして四大仏教聖地のひとつでもある峨眉山で生まれた気功で、800年ものあいだ大切に育てられてきました。僧侶であり同時に医師でもあった人々が伝承してきた貴重な中国医学・養生法の結晶です。
 

 

歴史ある峨眉気功を率いる張明亮氏は、48歳とお若いですが、あらゆる中国医学の叡智を理路整然と語ることのできる理論と実践とが調和された方です。

 

 

張明亮氏の著作としては、今まで2冊
〇「気功の真髄 DVD付き 丹道・峨眉気功の扉を開く」(角川学芸出版)
〇「峨眉伸展功 あなたの身体を呼び覚ませ (実践講座)」(ビイング・ネット・プレス)
とが、日本語訳されていましたが、


張明亮による3冊目となる今回の本は
◎「五臓の音符 気の音楽療法」
というもの。

人体と音との関係を深く語った一冊。
CD付きなので、自分で聞いて、発して、体に響かせて反応を見ながら行えます。かなり面白いデス。

 

 

 

 

自分は、張明亮氏による峨眉気功の学術アドバイザーをしており(いろいろやってるなー、自分!)、そのご縁もあって、解説を書かせてもらいました。

 

解説もかなり力を入れて書きましたし、なかなか稀有な領域の本です。800年の経験と深い理論に基づいて書かれた本で、かなーり読みごたえある、本格的な理論と実践の書です。

 

 

 

ご興味ある方、12月3日発売ですので、ぜひお読みくださいー!

(自分は解説を、鎌田東二先生が、序文書かれてますー。)

 

 

 

 

●2018/12/3:張明亮(著),峨眉養生文化研修院(編集),山元啓子(翻訳)

「五臓の音符 気の音楽療法 CD付き (実践講座)」(ビイング・ネット・プレス) 

解説文:稲葉俊郎

Amazon

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload