© All right reserved TOSHIRO INABA

横尾忠則現代美術館

August 3, 2018

仕事での出張の合間を縫って、意外にもすぐ近くにある横尾忠則現代美術館に行った。
700円という値段で、実際の絵をこんなにもまじかで多く見れるなんて信じられない。


改めて、感動!!!
横尾さんの絵が、やっぱり一番好きだ。

どんな長い時間見ていても飽きることなく、無限に情報が湧いてくる泉のような作品群。

 

 

撮影OKだったので一部ご紹介。

でも、生の絵から迫ってくる波動がすごいのなんのって。

 

幸せに包まれた最高に至福の時間だった・・・・。

横尾さんがデザインしたデュラン・デュランのTシャツを購入。

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーー
1970年代後半、横尾はグラフィックデザイナーとして確固たる地位を築きながら、一方で制約の内自由な絵画表現に関心を持ち始めます。
1980年、ニューヨーク近代美術館で見たピカソの回顧展において、創造と一体化した画家の生き方を目の当たりにし、自信も画家として生きる決意をするのです。

ーーーーーーーー

 

 


横尾忠則現代美術館
横尾忠則 画家の肖像
2018. 5. 26 sat. - 2018. 8. 26 sun.

 

 

 

 

神戸は山に守られ海が近い。日本のミニチュアのように。


横尾忠則さんが生まれ、村上春樹さんも暮らした。

だから、旅のお供に「ねじまき鳥クロニクル」を持ってきた。(ハードカバーなので重いが、重いからこそ記憶に残る。)

 

 

平清盛は日宋貿易をするために神戸に港を整備した。海外の窓口になっているからか、Jazz喫茶も多くあり、マニアックなレコード屋たくさんあって驚く。なんと素晴らしい街だ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload