© All right reserved TOSHIRO INABA

3.11 見えないものに耳を澄ます

March 11, 2018

2018.3.11。

今日は東日本震災から7年。
津波で亡くなった方も多いし、原発の影響で、今でも3万人近い人が仮設住宅で過ごしている。

 


2018/3.11は六本木アートカレッジで発表だった。
14時46分を回ったとき、自分は黙とうした。


7年前、2011.3.11.14:46.

自分は治療室で極めて難しいカテーテル治療をしていて、動物性の食材を1週間は取らずに集中力を高めていた時期で、治療が終わった直後、高い集中と緊張から緩和されていた時期だったことを、思い出す。

 

 


眼をつぶると、自分の心の眼でしか見えないものが見えてくる。
そして、内なる声に耳を傾けて、耳を澄ました。
奥の奥の、さらに奥の暗闇まで。

 


どういう社会、どういう未来をつくっていくのか。
今まで、できてしまったものはしょうがない。
過去のことを批判するのはやめよう。
むしろ、感謝して受け取り、変容させることにする。


今までできてしまったものはしょうがない。
でも。
これからできていくものは、自分なりの責任がある。
と、決める。

 

3.11をそういう日と自分は位置づけた。

 

 

誰かが理想的な未来をつくってくれるだろうと思うのではなく、
自分が素晴らしい未来をつくることに関与していくのだ、と、

自分を当事者として巻き込む。

 

 

理想郷もユートピアも、どこか遠いところにあり、外から眺めるものではなく。
自分の周りにできていくもの。
そうすれば、動いても動かなくても、どこでもユートピアになる。

 

それぞれの人がそれぞれの人の周囲でユートピアを作っていけばいい。
動ける人も動けない人も、人間も動物も植物も鉱物も、有機物や無機物でも、全員がそう思える場所へ。

 

 

少しずつ、焦らず、振り回されず。
その軌跡が、一回きりの人生となる。
人生は、ほんとうに一回きりだ。

 

 

誰かと共同で何かを創っていく。
そのプロセスこそが大事なのだ。
必ずや、未知のものに触れているはずだし、そこにこそ未来への萌芽は必ずある。
芽や種を見逃さないように。

 

 


黙とうしながら目をつぶってしか見えないものを見て、沈黙でこそ聞こえる音に耳を澄ます。

 

ひとりでみる夢は夢のままだが、誰かと共有されると、それは現実になる。

 

 

 

六本木ヒルズの49階という非現実的な場所から、東京という人工都市を眺めていて、ふとそういうことが頭に浮かんできた。

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload