© All right reserved TOSHIRO INABA

えほん と ごはん

March 9, 2018

ときどき、箸休めのように、子供の話を。

 

横尾忠則さんがいかに偉大か、0歳教育?としてお話し中。

 

 

 

絵本は、絵の本。
なので。
質の高い絵を見て、いろんなものを感じてほしい。

 

子供用の絵本、と銘打ってあろうとなかろうと、素晴らしい絵に出会い続けてほしい。


横尾忠則さんの絵の前は、岡本太郎の絵を一緒に見て、文章を読み聞かせしました。
(もともとは、素晴らしい本棚をつくってくれた友人に「大切に使ってますよ。ありがとう!」と伝えたいために、本棚をメインで撮影したつもりの写真です。が、なかなか素敵な写真だ。)

 

 

絵本の次は、ごはんの話。

 

子供にご飯を食べもらい、その光景を見ていると、

にんじんをはじめて食べた日、かぼちゃをはじめて食べた日、魚をはじめて食べた日、、、、すべてが「はじめて」尽くしで、それだけでうれしく、毎日が記念日のようなものだ。

 

 

 

嗚呼。

自分もこうして、あらゆるものに「はじめて触れた日」というのがあるのだ、と、改めて思う。

 

どんな人にでも、どんな些細なことにでも、どんな些細な行為にも、

あらゆる「はじめて」が自分を支えているのだ。

 

きっと、今この瞬間にも、あらゆる「はじめて」が、

誰の身にも溢れんばかりに降りかかり続けている。

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload