© All right reserved TOSHIRO INABA

【トークイベント】銀座 蔦屋書店『見えないものに、耳をすます』&『ぼくはこんな音楽を聴いて育った』W刊行記念トーク

September 30, 2017

最初で最後の一回きりのイベント!(たぶん)

 

 

2017年10月22日(日) 19:00~20:30にて、今、日本橋タカシマヤでの個展(9/27-10/9)も話題の画家池田学さん!と対談をさせてもらった同じ場所の銀座シックス6階!にある銀座蔦屋書店!にて、

大友良英さんと一緒に、対談本『見えないものに、耳をすます』のトークイベント&(たぶん何か演奏も)&サイン会をやりますー。

 

 

 

大友さんがお忙しいので、これが一回こっきりの合同イベントになる可能性ありです。

 

この前の週はアンサンブル東京@東京タワー!でもご一緒しているので、どんな話になるのか自分でもわかりませんが、即興(improvisation)を大切にしているわたしたちなので、そうしたトーク&Live(自分も楽器持参します)になるかと思います。いちおう、音出していいって、許可もらいました・・(他のお客さん、びびるだろうなあ。)

 

 

このイベントは、大友さんの単著新刊『ぼくはこんな音楽を聴いて育った』(筑摩書房)の発売イベントも兼ねています。この本は、帯を小泉今日子さんと宮藤官九郎さんが書いている!という最強の布陣が護符のようになっております!!

 

 

 

どちらかにご興味ある方は、是非のぜひで、お越しをー。

 

銀座シックスのツタヤ空間は、一見の価値ありです!!!
本や美術書に囲まれて、いるだけで自分は癒されます。

詳細は、こちら銀座蔦屋のHPにて。(→申し込み

 

<参考>

大友良英、稲葉俊郎「見えないものに、耳をすます ―音楽と医療の対話」アノニマ・スタジオ(2017/9/4)

大友良英「ぼくはこんな音楽を聴いて育った」筑摩書房 (2017/9/11)

 

 

〇ブログ記事:「見えないものに、耳をすます ―音楽と医療の対話」(アノニマ・スタジオ)(August 31, 2017)

 

 

●【トークイベント】銀座 蔦屋書店「action publishing」
『見えないものに、耳をすます』&『ぼくはこんな音楽を聴いて育った』W刊行記念トーク
稲葉俊郎×大友良英
セッションだッ!
ー心揺さぶる音楽と言葉とアートとあなたとの出会い。

 

医師 稲葉俊郎さんと音楽家 大友良英さんの『見えないものに、耳をすます』(アノニマ・スタジオ)と
大友さんの『ぼくはこんな音楽を聴いて育った』(筑摩書房)が、時を近くして刊行されました。
この2冊の巡り合わせを祝わないわけにはいきません。
今回はW刊行記念として、稲葉さんと大友さんのトーク、いやセッションを開催します。
 
 
2人が面と向かって話したは、人気番組「SWITCHインタビュー 達人達」。
医師と音楽家。
一見、接点がなさそうですが、2人が愛する音楽や言葉、アートの話でジャンルの壁はひょいと越えて、最後にはそれぞれ楽器を手に合奏がはじまるほどに意気投合。
 
きっと稲葉さんと大友さんがたくさんの音楽や本やアートに出会ってきたように、
そして何より、稲葉さんと大友さんが出会ったように、
何かと何かが出会う時、誰かと誰かが出会う時、そこから新しい創造がわきあがるのではないでしょうか。
 
 
今回は、2人がこれまでに出会い、血となり、骨となり肉となった、音楽や言葉アートについてお話いただきながら、
2人がはじめて話したあの日からの変化をたどるとともに、
2人がこれから挑戦したいセッションや、創りたい未来についてまでお話いただきます。
 
当日には、何やら新しい‘音’が生まれる予感。
 
音楽とか医療とか、そんなくくりにとらわれない2人のセッションに
みなさんもぜひ加わって、一緒にこの星の未来について考えてみませんか。

会期 2017年10月22日(日) 
時間 19:00~20:30 
場所 東京都中央区銀座6丁目10-1 GINZA SIX 6F 銀座 蔦屋書店 BOOK EVENT SPACE 
定員 50名 

【参加条件】イベント参加券(2,000円/税込)をご購入のお客様に参加いただけます。
主催 銀座 蔦屋書店 問い合わせ先 03-3575-7755

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload