© All right reserved TOSHIRO INABA

10/24「禅から観るいのち・家族~関係性のネットワークとは?~」藤田一照、稲葉俊郎

September 8, 2017

10/24(火曜)の19:30-21:00。


あのスーパーお洒落スポット代官山で(熊本にいたとき、「代官山」って言葉だけでときめいてたー)、禅僧、藤田一照さんと稲葉とでワークショップをやります。

 

タイトルは、
「禅から観るいのち・家族~関係性のネットワークとは?~」
というものです。

自分も与えられたお題で、今から考えようかな、という感じです。

 

こちら、オンライン禅コミュニティ「磨塼寺(ませんじ)」主催のイベントで、新しい仏縁の関係性を作っていくような、野心的な試み。

 

自分も一照さんのご活動には心から敬意を持っており、今回このような形でコラボ・協力させていただくことになりました。光栄です。

 

 

当日、果たしてどうなる場になるのか分かりませんが、間違いなく面白い場になることは保証します。ただ、どちらも即興に近いので、あまり事前に期待や想定はせずお越しいただければー。知識より体験に勝るものはありません。

 

→●<事前申し込み Peatix
→●<主催者>オンライン禅コミュニティ「大空山磨塼寺」

 

 

→■藤田一照「現代坐禅講義―只管打坐への道」佼成出版社 (2012/7/24) 

(超名著!!)

 

 

 

10/24(火) 「禅から観るいのち・家族~関係性のネットワークとは?~」《磨塼寺主催》
ファシリテーター:藤田一照(僧侶)
ゲスト:稲葉俊郎(医師)
場所:GOBLIN.代官山(渋谷区恵比寿西1-33-18 コート代官山 B1F))

日時:10月24日(火)19:30 - 21:00 


▼内容
オンライン禅コミュニティ「磨塼寺(ませんじ)」が主催する第一弾イベント。ファシリテーターは、磨塼寺住職の藤田一照。ゲストに、現役の医師でありながら「医療と芸術」「心と身体の調和」などのテーマで活動を続けている稲葉俊郎氏をお迎えして、体感型トークイベントを開催いたします。

〜関係性とは、誰かに教えられるものではなく、自ら発見しにいくもの〜
仏教で云われる「縁起」。関係性とは元々存在していて、互いに影響を与えあっている「縁起のネットワーク」があると、藤田一照は言います。

前半の対談では、仏教がこれまで積極的に取り扱ってこなかった「性」や「家族」につてい、今年お子さんが誕生した稲葉氏の実話エピソードや体験を交えながら、「関係性のネットワーク」について両者が探っていきます。

後半では、参加者自らが関係性を発見していくことで、「関係性のネットワーク」を体感できるグループワークを行います。

いのちの関係性。家族の関係性。すでに存在している様々な関係性を意識的に発見していくと、いったいどんなつながりが見えてくるのか。「関係性のネットワーク」について、参加者とともに迫っていきます。



▼スケジュール
19:15〜 受付開始
19:30〜 開始
19:35〜 アイスブレイク
19:45〜 対談
20:15〜 グループワーク
20:45〜 質疑応答
21:00〜 終了

 

▼プロフィール
藤田一照 [僧侶・磨塼寺住職]
1954年生まれ。東京大学教育学部教育心理学科を経て、大学院で発達心理学を専攻。坐禅に出会い得度、33歳で渡米。17年半にわたってマサチューセッツ州ヴァレー禅堂で坐禅を指導する。2005年に帰国後、神奈川県葉山で坐禅の研究、指導にあたっている。
http://fujitaissho.info

 

▼ゲスト
稲葉俊郎[医師 東大付属病院 循環器内科]
1979年 熊本生まれ。心臓を内科的に治療するカテーテル治療、先天性心疾患が専門。在宅医療、山岳医療にも長く取り組みつつ、未来の医療と社会の創発のため、伝統芸能、芸術、民俗学、農業・・など、あらゆる分野との接点を探る対話を積極的に行っている。www.toshiroinaba.com

 

▼主催者
オンライン禅コミュニティ「大空山磨塼寺」https://masenji.com/
お問い合わせ:info@masenji.com

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload