© All right reserved TOSHIRO INABA

Web春秋 連載

August 25, 2017

春秋社の編集者の佐藤さん(自分が大学生の時から知っている方)から、春秋社で本を出して欲しいと言われたのですが、やはり何か締め切りとかないと、、、

 

ということで。

Web春秋で毎月連載しながら、それをまとめて本にしていく形になりました。

場を与えられれば頑張れるタイプなのです。

→●Web春秋 連載 「第一回 いのちと医療」

 

 

 

 

佐藤さんは、自分の恩師である竹内整一先生の『〈おのずから〉と〈みずから〉』などを作られた名編集者です。学生の時は、みんなで居酒屋白木屋で何度も朝まであーでもない、こーでもない、と哲学談義をした思い出があります。

→●竹内 整一『「おのずから」と「みずから」―日本思想の基層』春秋社; 増補版 (2010/08)

(最初が2004年。増補版が2010年に出てますが、どちらもプレミアついてる~)

 

 

 

それはともかく。

 


連載は、
『・・・と医療』
という形で、自分が色んな領域と医療との接点との思いを書いていきます。

 

このブログやFbやいろいろな媒体に書いていることを、再編集して書いている感じです。

 

 

一回目は、いのちの誕生のことから書きました。
なんとか毎月10回近く書いて、本にできればと思ってます。

ぜひお読み下さい!!

そして。

本になったら(あと半年から1年後?!)、買って下さい!!笑

 

→●Web春秋 連載 「第一回 いのちと医療」

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload