© All right reserved TOSHIRO INABA

動きの原初

July 3, 2017

赤ん坊の体の動きを見ていると、脳で指令を送っているわけではなく、体そのものが動きたい方向へ動いているから美しい。脳はまだわきまえを知っている。

舞踏のようで、歌舞伎の「見えを切る(見得を切る)」ようで、岡本太郎のポーズのようでもある。

 

 

 

 

 

 

 

 


赤ちゃんの足だけ見ていても、曲げたり伸ばしたり、外へ内へ回したりねじったり、緊張したり緩和したりして、あらゆる方向へさぐりながら動きを探求しているように見える。

両足は連動しているようで連動せず、両手とも連動しているようで連動しない。

 

 

 

 

 

 

 

この積み重ねが、ハイハイから二足歩行へとつながる序章だとすると、感動的なことだ。
人間は、誰もが探求者なのだ、と改めて思う。
 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload