© All right reserved TOSHIRO INABA

「鼓膜の記憶 Groove 2」clammbon / EGO-WRAPPIN'

January 23, 2017

先日は、clammbon / EGO-WRAPPIN'の対バン「鼓膜の記憶 Groove 2」@中野サンプラザを見に行った。

クラムボンはCDでは聞いていたが、生では初聞。これが対バンや音楽フェスのいいところ!
一粒で二度も三度も美味しい。二つのバンドはほぼ同期のようで、仲のいい方々。

clammbonは独特なメロディーラインと、その複雑さを一見感じさせない聞きやすいポップな仕上がりを意識していると思った。一部のマニアではなく誰でも聞ける普遍性のある音楽を目指して。その普遍の中にはあらゆる前衛性を実験させながら。どんな人にもなじみある風合いや味わいに仕上げているのは、原田郁子さんという稀有な表現者の技術のなせるわざだろうと思った。

EGO-WRAPPIN'のLiveは、空前絶後の総合表現者である中納良恵さんの、すさまじい表現のエネルギーが噴出した新年初のパフォーマンス。誰にも習っていない本能からやってくる踊りも素晴らしく、小さいからだを躍動させて全身全霊で表現していた。楽曲の構成やアレンジも恐ろしいほどの完成度の高さで、観客を渦の中に一気に巻き込んで行くステージは圧巻だった。
ギターの森さんの演奏の巧さと楽曲の完成度の高さが、EGO-WRAPPIN'の土台を支えているのだが、そうした森さんの高質な職人の仕事ぶりにも、また感化されしびれたのだった。


EGO-WRAPPIN'のLiveは、本当に何でもいいから体験してほしい。こんなすごい表現者はなかなかいない。

EGO-WRAPPIN'、clammbonどちらも20周年。20年の歩みは質を増してさらに深まっている。素晴らしいバンド。
やはり音楽は素晴らしい。
音楽って素晴らしい!!



P.S.
20周年を記念した、EGO-WRAPPIN'、clammbonの対談の内容がWebにありましたが、すんごく面白い!
その中で見つけたのが原田郁子さんが、田渕ひさ子さんとも対談してる!(伝説を数多く生んだNUMBER GIRLの、天才女性ギタリストです!) お二人は高校の同級生だったみたい。不思議ー!

 




中納良恵×原田郁子 音楽バカの若者が歌で大人になるまでの20年

EGO-WRAPPIN'とクラムボンの男達、20年連れ添った女性を語る

田渕ひさ子×原田郁子対談 二人と音楽の関係は今、どうですか?

中納良恵『濡れない雨』
(←中納良恵さんの歌と踊りとが融合した素晴らしい映像!瞑想的・・・)

<参考>
EGO-WRAPPIN’ memorial live @ 日本武道館(2016-11-28)(→blog 吾)
エゴラッピン 日比谷野音LIVEと20周年(2016-07-12)(→blog 吾)
EGO-WRAPPIN'「Midnight Dejavu」 @ 東京キネマ倶楽部(2016-12-22)(→blog 吾)

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload