軽井沢夏日和 空を仰ぎ、雲を見る

軽井沢夏日和


空を仰ぎ、雲を見る


いろいろなレイヤーが重なる雲

それぞれ雲にも個性がある。






天を仰ぎ、地を見ると、

天と地とが分かちがたくつながっていることを実感する。

つなぎ手は、人間を含めた生命だ。







雲の形はイマジネーションを活性化させる。

















電信柱に鳥たちが止まる。

自然界に張り巡らされた直線の世界に、鳥たちは何を感じるのだろう。









雲の無常な形を見ながら畑に行き、野菜を収穫して帰った。

この雲や雨、水や光。

こうしたものの複雑な相互作用で野菜ができ、そして人間が生きているとしたら、日々はなんと壮大なスケールの物語なのだろうか。