軽井沢で結婚再儀式としての写真

軽井沢タリアセンへ、近所の散歩。

散歩、と言っても、

子どもはよく走る。

散走?


走る姿って、美しく感じ、思わず写真を撮ってしまう。躍動感が写真からも伝わる。

テレビ朝日で「全力坂」という深夜の小番組があり、それはただ女性が坂を疾走する、というだけの動画ですが、生命の本質を描いているようで素晴らしい小番組だったのを思い出します。












軽井沢タリアセンで、結婚式のウエディング写真の撮影をしていた。

みんな時間に追われず伸び伸び撮影していて、とてもよい。









結婚したてだけではなく、結婚してだいぶ時間を絶った人たちも、こういうドレスとか正装をして、再度写真を撮り直すのもいい気がします。

結婚生活は馴れてくると、最初の新鮮さが失われ、お互いにやってくれて「当たり前」という感じになってしまう。

もし赤の他人が掃除したり料理したりしてくれたら、どんなにありがたやー、と思うだろうか、と。

距離を再調整するためにも、関係性を再構築するためにも、写真撮影という儀式はいいのではないかと思いました。


自分たち夫婦も再撮影してみようかなぁー。