春のエネルギーと雲たちの様子

軽井沢もその周囲の町も、標高が高い場所では、植物がやっと目覚めてきた感じ。躍動感がある。

生命の喜びや歓喜のようなエネルギーを感じる。




























UFOみたいな面白い雲を目撃した。

大きすぎてフレームインできず。







雲はよく眺める。

そもそも形が面白い。

自由自在。

般若心経の「色即是空、空即是色」の真理を体現していて。


漫画家の水木しげるさんが、雲を見ていると雲語が分かるようになる、と描いていた。

雲語が読み解けるようになるのかなぁ。
















上田にて。

雲には夕焼けが反射して、山肌には夕焼けの色が映らないのが、不思議な感じで、天空のコントストの妙だ。








不思議な雲を見ていたら、楳図かずおの『14歳』の中で、「チベットの空に穴があいた」というとんでもない黙示録のような回があり、それをふと思い出してしまった(もしかしたら、同じ瞬間に同じこと考えてた人がいる?楳図先生?!)。

(この混迷の時代、読み直すべき漫画は、宮崎駿「風の谷のナウシカ」(漫画版)だけではなくて、楳図かずおの『14歳』も挙げたい。楳図作品は、ナウシカ以上の劇薬中の劇薬ですが!)