散歩での風景

軽井沢を散歩し、見かけた風景。



テトリスのように 合わさりそうな 雲




のどかな アサマヤマは 別の表情




一本の芽 すべてに先んじる 勇気ある先鋒




鯉の口 波紋の形も 円と円





望遠鏡 模したものは ラップの芯





鯉を見る 食と生きる欲求は だれもが同じ




光が強い場所では、影が映える。すべての物事には光と影があり、統合が誰もの課題。




雲の多層構造。



人間の腸の中のような植物の生え際。




緑の絨毯を走る若人




散歩していると、この大自然は人間界とは全く異なる時間とリアリティーで動いているのだなぁ、と、改めて感じる日々。