塩野神社 式内社 

初詣は、上田の独鈷山(とっこざん)の山里にある塩野神社へ。

旧字では鹽野神社と書く。

海から離れた長野は、昔は塩が貴重だった。この辺りが塩の道だったのだろうなぁ、と、イメージの世界で馬や人の行き来を夢想する。


延喜式に載っている信濃の名社だけれど、深い森に囲まれているので、あまり人も来ない静かな古社。楼閣造りと呼ばれる二階建ての拝殿が素晴らしい。


近くにある生島足島神社も式内社で歴史は古いけど、うまく現代に適応している。だからこそ、塩野神社のような朴訥なあり方に自分は共感する。

自然そのものが神である、という日本人の信仰を改めて感じる場所。それこそが真のSDGs?












ほどよい雪の美しい風景。上田の塩田平。