千里の道も一歩から 玄妙な道に入る関門へ

8/4木曜の信濃毎日新聞朝刊の記事。

「医療費後払い 会計待ち不要 軽井沢病院がサービス導入」


4月に院長になり最初に手がけたのがこの仕事。まさか新聞にまで載るとは・・。

診察が終わったのに会計待ちが長い、早く帰りたい、、という患者さんからの要望を受け、なんとか改善できるように、と。希望ある方は登録さえしてもられば、すぐ帰れるようにしています。千里の道も一歩から。一歩ずつ一歩ずつですが、患者さんもスタッフもみんなが幸せになれる職場目指して頑張ります。






ちなみに、この不穏極まりない時代の中で、気持ちを切り替えられるようなものに玄関マットを変えました!

デザインは軽井沢のクリエイターの方です。



玄関は「玄妙(げんみょう)な道に入る関門」からできた仏教言葉で、『深い悟りの道の入口』という意味です。だからこそ、玄関マットは大事ですね!









追記。

実は2パターンつくっていまして、洗濯のタイミングでデザインが切り替わります。軽井沢は木と森の町ですので、バランスを取るようにマットは水や深海をイメージしたものに。

無意識をいちど通過して病院に入る仕掛けです。