似顔絵の力

山形ビエンナーレでは、似顔絵セラピーの村岡ケンイチさんに出てもらいました。

その時、東北芸工大の学生さんにも絵を描いてもらいましたが、受け取りました!ありがとうございます!





一番左の絵は、彫刻の学生さんだから、木を彫っていく前のスケッチみたいで新鮮です。

人中が深い!

人中(鼻の下の溝)は、哺乳類だと鼻を湿らせるための溝なんですが、嗅覚よりも視覚優位になった人間は、その痕跡器官として残ってます。ちなみに、発生学では、胎児期には鼻は左右分かれていて、それが真ん中で合体するのですが、その時にできる溝が人中です。

真ん中の絵は日本画の学生さん。淡く優しい色彩はさすが日本画の方です。(垂れ目!)


一番右が村岡ケンイチさん。

ケンイチさんは、顔だけではなく、そこから派生するイメージや世界観を似顔絵の中に忍び込ませていますね・・・。さすがです。





村岡ケンイチさんは、医療現場の患者さんの話を聞き、その人の人生の全体性をしっかり聞き取った上で、そのことを1枚の絵に仕上げる方。活動は、カウンセリングの様でありながら、アートでもあり、医療や芸術という枠を超えたレイヤーで活動しています。


とにかく。

似顔絵なんて、なかなか書いてもらうこと無い昨今。

学生さんにも参加してもらい、書いてもらって嬉しいです。

大切にします!(^^



(山形ビエンナーレ2020も、まだアーカイブ残ってます。)

■ケアの循環 -学生と共に似顔絵セラピーで医療従事者の方に

感謝の気持ちを伝える-

9月18日(金)14:00-17:00

〈ワークショップ(似顔絵セラピー)〉出演=村岡ケンイチ

https://biennale.tuad.ac.jp/program/168





●【アートと医療】似顔絵セラピー・プロジェクト活動のご報告






© All right reserved TOSHIRO INABA