top of page

「ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展」@国立国際美術館

5/13土曜に日本医療マネジメント学会 特別講演として「いのちが呼びさまされる場をつくる ~医療と芸術の対話 」@大阪国際交流センターがあり、大阪への出張だった。



東京で見れなかった展示。

出張先の大阪で見れるとは。






思い切って見に行き、これ見るためだけでも大阪に来た甲斐があった、、というほど感動した。


実物が放つピカソの霊感に打ちのめされた。

ピカソと対比的にクレーの世界もすごい魔力を放っていた。

霊感のないアート作品は情報だと思う。

魂を貫く体験というのがある。


ピカソの同時代人の凄さよ。

生き物のように生きている感じ。

畏怖。


















●ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

大阪、中之島の国立国際美術館にて。5/21まで。





Comments


bottom of page