43階

お誕生日おめでとうございます、と、多数メッセージをいただきますので、こちらから先んじて挨拶させていただきます。笑


一休(1/9)さんの日に生まれまして、43回目となりました。

嘘のように年月は速く長く、自分は本当に生まれ生き続けている意義を果たせているのか、と、個人の夢や自然界のメタファー(世界の夢)を介して間接的に自問自答する日々です。そして、生き続けていること自体に感謝です。そして、生まれるための全ての前提条件に対して感謝です。


今年は美輪さんの初夢で年を開けて、ビートルズのレゴ作成で我が家にビートルズが受胎し、年明けに行った古本屋で鉄腕アトムと大長編ドラえもんシリーズを全巻衝動的に買いそろえました。自分は永遠に思春期を送りながら人生を終えるのだな、と思いました。いまも、思春期真っただ中です。


ビートルズも横尾忠則さんも手塚治虫さんも藤子不二雄さんも、永遠にスーパースターです。岡本太郎や美輪明宏さんなど、数え上げればキリがないほど。

こうした天界の次元の魂を持った場所からこの世を見続けた偉人達の視線に恥じないよう、人生を完結させたいと思う、誕生日の朝でした。

どんな人でも、生まれてきたよかった(崖の上のポニョ、のメッセージ)、と思え、生きているだけで尊いのだ、と思えるような社会の実現に関わりたいです。そして、誰もが美しく気高いものを求め、藝術の本質的な意義を体現して生きるような時代。そして、科学にも霊性が宿りますように。

ゲーテが「神性」という詩の中で、

『気高い人間よ 慈悲深く 善良であれ 有益なもの 正しいものを 倦(う)むことなく つくれ あの 予感される存在の 生きうつしとなれ』 という言葉を述べていますが、高3のときに本屋で立ち読みして電撃が走り、そのしびれやめまいはいまだに体の中を生き物のように胎動しています。


過去・現在・未来という時間軸も、他人から見ると一見バラバラのようでですが、自分自身の中ではすべて同時に一体化しているものなのだと日々感じます。



今年もよろしくお願いします。