top of page

鮭の稚魚

鮭の稚魚を家族で育ててます。


風越学園の方から発眼卵をいただきました。


鮭の卵を水槽へいれる。

空気を送り直射日光が当たらないように。

1-2週間で卵が孵化した。

お腹のさいのうを吸収しながら泳ぎ始めた。

ご飯も排泄も同じ水槽だから、水が濁る。水槽の水を入れ替えてキレイにする。

水の入れ替えはチームプレーが必要で、家族みんなでお風呂場でがんばっている。


泳ぎ始めたから餌をあげるようになる。

1日3回。朝昼晩。多すぎず少なすぎず。

稚魚に話しかけながらご飯をあげる。

子どもから、ひとり言言ってるの?と言われるので

「お父さんはお魚とお話しできるんだよ。あなたもできるでしょ。愛こそすべてなんだよ。それはビートルズも歌ってるでしょ。All you need is Loveって。」と伝えたところ、彼も話しかけるようになった。




なんてことを話しながら餌をあげていたら、鮭の子どもと眼があった気がした。


3月上旬には鮭を川に放流するらしい。

3年後に還ってくるのかなぁ。強く逞しく生きてほしい。








Kommentarer


bottom of page