top of page

9/23+9/24:軽井沢ブックフェスティバル@ライジングフィールド軽井沢+KARUIZAWA LEARNING FESTIVAL 2023

今週末の9/23-9/24土日。両方とも、もしくはどちらか空いている方は、軽井沢ブックフェスティバルに来られませんか?!


場所は「ライジングフィールド軽井沢」という、軽井沢の中でも大自然の中です! 普段軽井沢に住んでいる自分でもワクワクする場所。何と言っても、町中からぐんぐんと山道を登っていきますから。 そして、ライジングフィールド軽井沢はアウトドアでは最高にセンスのいい空間で、見るもの感じるもの、すべてがシャレオツでかっこいいです。


こんな大自然の中で(雨や雷が降らないことを願いながら。その時はテント内とか、なんとかなります)、本好きな人たちが本を語り合う会になります。


9/23土曜の14時からオープニングセッションで、夜も色々と開催されます。 9/24日曜も朝9時!からありますが、わたしは15時からの会で本の装丁を語ります。

=========== ■5th Stage 本の世界を変えるデザインや装丁、印刷(9月24日(日曜)15時〜16時半) 読書体験を大きく左右するのが本の装丁やデザイン、印刷だ。数々の名著を手掛けてきたプロフェッショナルたちは手触りの「本」の未来をどのように見据えているのだろうか。

稲葉俊郎さん(軽井沢病院病院長) 藤原隆充さん(藤原印刷) 矢萩多聞さん (画家・装丁家) 司会:内沼晋太郎さん(ブック・コーディネーター) ===========



秋の軽井沢なので、涼しい~!というよりも、山の中なので意外にさむい!とまで行くかもしれませんので、それなりの厚着(上着?)orアウトドアグッズをお持ちでお越しください。





------------- 大自然で本好きが語り合う祭典「軽井沢ブックフェスティバル」、開催! ■日時 2023/9/23(土)〜 24(日) ■場所 軽井沢ライジングフィールド(軽井沢駅から車で10分のキャンプ場) ■チケット 1日5500円、2日間1万円 ■詳細  https://karuizawabookfestival2023.notion.site/2023...

軽井沢ブックフェスティバル メインセッション ■1st Stage「稀代の読書家に聞いてみよう!『このテーマでオススメの本は?」(9月23日14時30分〜16時) さまざまな本をたくさん読んできた日本を代表する稀代の「本読み」が続々、登場。参加者たちの「こんなテーマでオススメは?」という問いに答えてもらう。

【登壇者】 河野通和さん(編集者・読書案内人) 堀内勉さん(多摩大学大学院教授) 東えりかさん(書評家・HONZ副代表) 仲野徹さん(隠居、大阪大学大学院名誉教授) 荒木博行さん(株式会社学びデザイン代表取締役)

司会:ひのなおみ

■2nd Stage 一人出版社が語る「僕たちが未来に向けてつくる本」(9月23日17時〜18時半) 名物編集者が一人出版社を立ち上げ、本の可能性を広げる取り組みを始めている。一人出版社の編集者たちはどんな未来を描き、どんな本を世に送り出そうとしているのか。

吉満明子さん(センジュ出版) 岡澤浩太郎さん(八燿堂主宰) 坂口惣一さん(あさま社代表) 司会:内沼晋太郎さん(ブック・コーディネーター)

■3rd Stage 本との出会いはこうして広がる〜本を届ける挑戦者たち(9月24日10時半〜12時) 本と出会うシーンが多様化している。書店そのものも進化しているのに加えて、書店や図書館以外でも本と出会えるように。挑戦を続ける第一線の「届け手」が見ている未来とは。

内沼晋太郎さん(ブック・コーディネーター) 田口幹人さん(NPO「読書の時間」理事長) 中西功さん(シェア型書店「ブックマンション」主宰) 岡本真さん(図書館プロデューサー) 司会:浜田敬子さん(ジャーナリスト)

■4th Stage 軽井沢 本の學校(9月24日13時〜14時半) 軽井沢を舞台に、“本と出会う場所”を提供する「軽井沢 本の學校」。今読むべき「名著」を選び、新たな視点で本の読み方をナビゲート。校長を務めるのは、読書案内人の河野通和さん。河野氏がゲストの話を引き出しながら本の新たな楽しみ方を教えてくれる体験型ブックイベント。

ゲスト:書評家 スケザネさん(渡辺祐真さん)

■5th Stage 本の世界を変えるデザインや装丁、印刷(9月24日15時〜16時半) 読書体験を大きく左右するのが本の装丁やデザイン、印刷だ。数々の名著を手掛けてきたプロフェッショナルたちは手触りの「本」の未来をどのように見据えているのだろうか。

稲葉俊郎さん(軽井沢病院病院長) 藤原隆充さん(藤原印刷) 矢萩多聞さん (画家・装丁家) 司会:内沼晋太郎さん(ブック・コーディネーター) -------------





 

それに加えて、

9/21木曜~9/23土曜。

同じライジングフィールド軽井沢でやっている「軽井沢ラーニングフェスティバル」というものもありまして、わたしも9/23 土曜日11:00~12:00の予定で、「心落ち着く呼吸法のイロハ」をやろうと思っています。

森の中、自然の中で、ただ息を吸うだけでも気持ちいい。

そこに、ちょっとより深い呼吸法をブレンドしてみることで、さらに森のエキスが全身に浸透します。

軽井沢ラーニングフェスティバルに出ている方も、最終日の9/23土曜、ぜひスカイフィールド近辺で探していただき、共に深い呼吸を共有したいと思います!

私が翻訳に関わったアレキサンダーテクニークを入り口にご紹介しようと思ってますので、どうぞよろしくお願いします。










名称 KARUIZAWA LEARNING FESTIVAL 2023

(カルイザワ ラーニングフェスティバル ニセンニジュウサン)

日時 2023年9月21日(木)・22日(金)・23日(土) ※雨天決行


9月21日(木)

・開場11:00

・オープニングセッション開始13:00

9月23日(土)

・クロージングセッション終了14:00


場所 ライジングフィールド軽井沢

長野県北佐久郡軽井沢町長倉山国有林2129

内容 白紙のタイムテーブルから始まり、感情や直感と向き合う様々なジャンルの体験型ラーニングセッションを、誰でもいつでもどこでも開催でき、与え合い楽しみ尽くせる学びのフェスティバル。

参加対象者 ラーニングに興味関心を持つ人たち

・ビジネスパーソンに限定せず

・参加者のお子さまたちも参加可能

(お子様と一緒に参加できるラーニングセッションやお子様だけで参加するキッズプログラムもあり)

主催 軽井沢ラーニングフェスティバル実行委員会

後援 軽井沢観光協会

軽井沢リゾートテレワーク協会




Comments


bottom of page