© All right reserved TOSHIRO INABA

野村萬斎さんの「寿福増長」「加齢延年」

October 16, 2019

熊本万作・萬斎の会で野村萬斎さんとオープニングトークで出た時の記事が出ています。

写真もそちらから転載。

→●オフィスエム:ご報告 稲葉俊郎×野村萬斎 狂言の会にて(2019/10/9)

 

 


お越しいただいたみなさん、ありがとうございました!

 

秒単位のハードスケジュールでお疲れの萬斎さんに、ちょうど出たばかりの我が新刊「からだとこころの健康学」(NHK出版)を手渡したら、えらく喜んでおられたので、こちらもうれしい!


萬斎さんは引く手あまた過ぎるので、「あたま」管理を「からだ」管理にシフトしていただき、「からだ」を大切にしていただきたい、と。
萬斎さんは、世界全体の宝ですから、世阿弥が言うように「寿福増長」「加齢延年」でいて戴きたい!

 


そういえば。

野村萬斎さんや万作さんの「万作の会」のファンクラブに入っている方からご連絡を受けました。
最新の会報誌に、野村萬斎さん本人の寄稿文で、『MANSAI ◉ 解体新書 その参拾 特別版『5W1H』』@世田谷パブリックシアター の時に、稲葉との対談が一番印象深かった、と書いていただいてるとのこと!光栄!かつ嬉しい!

 

 

 

舞台の本質を捉えて、別の角度からも球を投げ込んだから、、、ですかねぇ・・!

 

『5W1H』の演目は「わたしとは何なのか?」という哲学的テーマ。

 

もちろん、このテーマを頭の中だけで探究して考えることもできるけど、舞台芸術という形に変形させると、それは芸術の花へと変貌する。 真鍋大度さん+石橋素さんのライゾマティクスリサーチが作った映像と、野村萬斎さんとが共演して、かなり前衛的で挑戦的な作品だった。

 

当日は、その作品を見て、即興でトークをする、という、こちらもスリリングな舞台でした。

 

「あなたは誰?」と何度も聞かれたら、あなたは何と答えますか?
狂言のように、「この辺りのものでござる」でしょうか?!

(そのときのブログの感想)

→●『MANSAI 解体新書 その参拾 特別版『5W1H』』@世田谷パブリックシアター(July 14, 2019)

 

 

 

 

→cf.■2019/7/13(Sat)(14:00-16:00):『MANSAI ◉ 解体新書 その参拾 特別版『5W1H』』(芸術監督・野村萬斎+真鍋大度+石橋素(ライゾマティクスリサーチ) 第二部:トークゲスト 稲葉俊郎) @世田谷パブリックシアター

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload