長倉神社 古代と現代と未来

長倉神社あたりから見る浅間山もかっこいい。

長倉神社も平安時代の延喜式、式内社のひとつ。


神社の場所も、古代の人たちの美的感覚からも選定されているとも思う。

美しい場所に人も動物も惹かれ合うもので。









雪だからこそ自転車に乗りたい、というのが子どもの世界。日が暮れるまで。


子どもには、この世界がどう見えているのだろう。誰もが、思い出そうと思えば、きっと思い出せるのだろうと思う。

音やイメージを介して、時はメビウスの輪のようにねじれてつながることがある。