花の美の奥に

ユリが庭で美しく咲いている。

ただ、その光景を子どもは怖いと感じ、特に黄昏時以降は近づこうとしない。


植物の美の中に、不思議や闇や畏怖を感じる感性を忘れてしまった大人の方が、本当はちょっとおかしいんだろう。

子どもは美に潜む重要な何かを、大人以上にしっかりと受け取っているみたいだ。