子どもの遊び

軽井沢の公園にて。


子どもはよく走る。

純粋に走る行為そのものが美しい。

人生も七転び八起き。









子どもの眼は、自然からあらゆる素敵なものを探しているんだろうなぁ。目に見えないものも含めて。










落ち葉があれば、大人も子供も延々と遊べるのがいい。軽井沢22世紀風土フォーラムでも、高校生が「大人も子供もみんなで遊ぶ」ことを提案していたけど、本当に無心になって遊ぶことが大事だと思う。







秋から冬に向けて、自然界が静かに命を育んでいく時期へと入る。

四季の変化はそういう微かな予感を日々醸し出す。

子どもは遊びの中で、季節の変化や無常を体で理解しているんだろう。








子どもの遊びを見ていると、優れた即興演劇を観ているようで感動する。