出会いは偶然で必然。

すべての出会いは偶然で、同時に必然。

なぜなら、出会いは、道と道との交差。

なぜここでふたつの道が一点に交差したのだろうかと、出会いはまるで偶然のように感じる。


ただ、道と道とが交差した場所から、後ろを振り返り、それぞれの道を見てみる。

すると、それぞれの道は、果てしなく遠いところから、この交差している一点へ向けて、正確無比な精度で迷いなく伸びてきていることが分かる。それは必然でしかない。


だから、すべての出会いは偶然で、同時に必然。

そういう風に日々思えれば、日常がいかに奇跡の連続かということも分かる。 こうした日常の神秘をしっかりと受け止めれば、出会いの意味も読み解ける。


時には過去の自分と出会い、未来の自分と出会い、影の自分とも出会う。 今という時間軸の中で、全てが重なりあっている。 今こそ、永遠。