ひとつひとつの水滴とインドラの網

ひとつの野草に、ひとつひとつの水滴が極限のバランスで完璧な形で乗っている。

人がやろうと思っても到底できないにもかかわらず、自然界はおのずからそうなっていることが、すごい。

華厳教のインドラの網のようでもあり。








ひとつひとつの水滴は、球体でありながら、同時に幾何学の世界。

この辺りの神髄を音楽言語に変換すると、バッハ的な霊性の世界になるんだろう。







ひとつひとつの水滴をじっくりと見ているだけで、想像力が開かれて行く。