3週目の「おくすりてちょう」@山形ビエンナーレ

おくすりてちょうワークショップ3週目。無事に終了。 お手伝いの学生さんも一生懸命お手伝いしてくれて、とても助かってます。 どの参加者の方も、童心に帰って自由で素敵な作品をたくさん作られています。


今回のワークショップは、「誰かに送るための製作」(いのちをつなぐ)と説明すると、それは素敵ですね!との声。

直接的にはつながれない時代、ただ、ネットでは常時つながってしまう時代の中で、わたしたちは今までとは違う形でつながる形を求めていて、わたしは「イメージの世界でつながる」形を求めて、今回のWSをイメージしています。 深い井戸を介して、地下水で出会えますように。


次回は、4週目の9/24土曜12:00-16:00で、山形ビエンナーレ2022の 「おくすりてちょう」をつくるワークショップは最終回ですので、ぜひどうぞ~。


<4週目> ▲9/24土曜12:00-16:00 「おくすりてちょう」をつくる【ワークショップ】(いのちの学校 /土と人)

https://biennale.tuad.ac.jp/program/629











以下、名作集

とても選びきれませんが!


あと、3週目以降は、お一つ「おくすりてちょう」を持ち帰ってよいことにしました。

ぜひ誰かの思いを感じながら、持ち帰っていただきましたら~。